漆(ウルシ)の木、美しく役に立つ植物の伐採論

tetsuoartgallery1410170081I0456(urushi)320.jpg
(写真:鮮やかなウルシの紅葉)

以前、小中学生と野外活動をする施設で「ウルシの木はかぶれて危ないので切ってしまおう」という話が持ち上がりました。

私は(賛否を言える立場でないにもかかわらず)反対しました。
反対内容の一部。

紅葉が美しくまたこの場所の自然を語るに欠かせない植物であること。
その植物をやみくもに絶滅させるのは自然体験活動をする施設として適切ではないこと。
英語で「japan」というほど、漆(うるし)というものが漆器だけでなく文化財の修復など日本の文化に欠かせないものでありその実物を知る自然の教材であること。

危ないと言ってもスズメバチのように向こうから襲ってくる類のものではなく注意すれば危険は回避できること。
また、危険であればこそ学習が必要であり、それがなければ子供たちは危険なものを危険と知らずに大人になってしまうこと。

このウルシの伐採案のその後はというと、私の意見が通ったわけではなく話があいまいになったがゆえに伐採を免れ、今に至っています。

このようにコンセプトもガイドラインもそれに至る議論もそして観察すらなきに等しいため漆は手をつけられていませんが、しかしほかにも自然観察だけでなく特用林産物としても大いに学習価値のある山菜やキノコも無秩序に採られ樹木の伐採や環境整備に関しても体験学習の価値や自然環境の保全としての方向性がないのが現状です。

そもそもこういった豊かな自然に恵まれた環境に施設を作ったのはなぜなのか。

私がここで、そして活動時にはいつも言っていることは、これらすべてを含む考えとして、体験活動の施設であるならば周辺の自然にあるすべてのものを自然環境の保護というだけでなく教材として位置づけて保護しなければいけないのではないか、ということなのです。

そして小中学生に予定をこなすだけの泊まり行事やネット検索の内容を借りてくればできるような活動ではない生の体験を提供するには何が必要なのか。

本当の価値そして子供たちへの財産を見出しそれを守り活かすことができるのか、大人が問われている気がします。


関係するテーマの過去記事:
ローカル環境ながら自然保護をお願いしています
カブトムシはたくさんいるからこそ捕らずに見に行く
今夜の星空を見た先生が子供だった頃の星空の思い出
夢の(ようだけどみんなにある素敵な)世界
雨奇晴好、景色も想いもみんなそれぞれに実感できる活動
春の風情に、秋の花の名のつく餅を食べる
なんとなく七夕と伝統的天文的七夕
キャンプ場の動植物写真に小学生のなるほどのご意見
どの生き物も子供たちがその価値を見出す
森の生命の循環

関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク