豪雨と落雷の後、何事もなかったように運ばれていく時間

tetsuoartgallery14080701945631(busnonaka)320.jpg

前出記事のキャンプは、大人としては想定して動いたとはいえ、青空から一転して激しい豪雨と落雷で予定変更以上の避難のような動きを強いられたみんな。

後から聞いたニュースでは別の場所で落雷の事故があったことや、フィールドの菅平高原も局地的な雨量が全国一だったとか。

僕は雨の前から雨具を着、子供たちの荷物をまとめさせ、つぶれつつある仮設テントを最小被害程度までたたみ、落雷にあわないよう場所を変え、ここは経験でしょうか、大嵐に先駆けてできる限りの対応でみんなを守ります。

とは言っても、経験があればこそもう避けられないかもしれないという自然の猛威もわかるし、けれどその恐怖からもみんなを遠ざけなければいけないという思いとそれを打ち砕くような豪雨の中。

事故は絶対起こせないという緊張の対応を過ぎ、天気が回復して安全が戻り、一時待機の宿泊場所からテントサイトに運ばれていく、ほっとするというよりもようやく緊張を解いても大丈夫かなといういっときのバスの中。

大嵐から守られたみんなはそれほどの大事を知らないし、同行の学生のアシスタントスタッフも様々な危機の中にあったことはおそらくまだそれほど理解はない。

そうした何事もなかったかのようであるということが危機を乗り切ったということでもあり、それがどういうことだったかはこのバスの中ではきっと僕ひとりしか知らない。

事故に遭わないのは当然、今ただ僕はその心配や怖さからもみんなを遠ざけられたことにひとり緊張を解き、そしてまた何事もなかったかのように楽しみの時間に運ばれていくバス中で、何事もなかったかのように子供たちと今夜の楽しみの話をするのです。
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク