シカの死と自然の姿

tetsuoartgallery1405140033CIMG1185(shikanoshigai)240.jpg

中学生と歩く森の中、ルート上に何頭ものシカの死骸が横たわっています。

この冬の大雪に呑まれたのか、食べるものがなかったのか、仔ジカを含め数百メートルの間に横たわる死骸は、雪解けから現れたばかりで土に還るにはまだ日が浅く、その中の何頭かの姿は中学生では目を背けて通りたい子も当然います。

けれどこれが自然の姿。

死んだシカたちは他の動物の食糧となって散っていき、風雨に洗われ、微生物によって土に還り、そして豊かな森の土となっていくのです。

死は苦しかったかもしれないけれど、それを見ることは怖いことでもなく、またその発見は冒険にふれるような高揚感でもなく、生命の流れは尊くも当たり前のように過ぎてゆくことを知ります。

それでも中学生のみんなの戸惑いの表情は、それは大切な人間的感情の現れ。
せめてもと僕が手を合わせれば、何人かは同じくシカを悼み手を合わせます。

何頭かのまだ原型を残すシカは、暖かい春の陽に眠るような表情。
彼らは旅立ちながら僕たちに何かを伝え、そして過ぎて行く僕たちを見送ります。


関係するテーマの過去記事:
天上天下唯我独尊、の花見のひとたち
フィンランドの森で出会った精霊と自然の話(フィンランドその4
天使、妖精、こびと
淡々と流れゆく生命の循環
森の生命の循環
天然採取シカの骨の標本をみんなで作る
険しい渓谷と美しい水辺と自然の中の大発見
祖母が亡くなりました
美しくたくましい自然の中で
畏怖と美しさ
答えよりも大切なもの
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■Facebookはこちら。ツイッター、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク