旅先各地の風景(カナダその3)

tetsuoartgallery130908 0208(propeller)410
東京、カルガリー、エドモントン、イエローナイフというそれぞれの空港経由。
北極圏オーロラベルトまではプロペラ機で。

tetsuoartgallery130902 1113(hoodoo)270
フードゥーという奇岩(中央の尖った白い岩)とボウ川。
前出ラフティングボートはその水面を通過。
原住民が畏れ崇めたという奇岩の物語は自然への畏怖として大事にしたいです。

tetsuoartgallery130903 0086(morainelake)410
カナディアンロッキーの山また山、そして各地の湖。
このモレイン湖もカヌーでもけっこう冒険になりそうな広さ。
ここではカヌーには乗らずひたすら湖畔のルートを行きます。

tetsuoartgallery130902 1146(cascade)270
カスケード山。
街中からこんなに見えます。
次の写真はこの道路の写っている一番先あたりで撮影。

tetsuoartgallery130902 1245(cascade)360
美しいこの山は今回の滞在の象徴にもなりました。
朝な夕なに眺めてしまいます。

tetsuoartgallery130903 0129(marmot)320
マーモット。
少し山に行けばヘラジカやバッファローが見られるそう。
行った場所でも普通にクマのふんなどがあります。
有名所も素敵だけれど、インタープリターとしてはこういうのもけっこう楽しいです。
Marmotというアウトドアブランドのシャツなどを持っていますが、実際のマーモットにもちょっと親近感(笑)。

tetsuoartgallery130906 0075(seaplane)270
オーロラを見たイエローナイフでは街の発展を支えた航空機が歴史の象徴になっています。
今もとくに観光地というわけではない街はずれの湖に、日本でいえばモータボートくらいの普通さでこういった自家用らしい水上機が何機も浮かんでいます。
個人的にはツボ(笑)。


関係するテーマの過去記事:
オーロラと日本人の感性(カナダその6)
ベジさんベジタリアンメニューを食べる(カナダその5)
オリンピックとカルガリーという街と余談(カナダその4)
旅先各地の風景(カナダその3)
宇宙規模の自然現象オーロラの高揚感(カナダその2)
カナダの大自然にてアウトドアアクティビティ(カナダその1)

関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク