2011年12月10日、皆既月食が訪れる(その2)

tetsuoartgallery111210P1120288(kaikigesshoku)320.jpg

絵画的表現のような独特の欠け姿から始まった月食は、皆既食に入ると何にも例えられない赤い月が現れます。

恒星と惑星と衛星の直列の真ん中にいる思いは、あやしうこそものぐるほしけれ。

天文科学においても「月が昇る」などという天動説か文学的表現かという言葉を聞けば、誰においても人間の正常な超感覚的なものが支配するのでしょうか。

宇宙の広がりの中で、天体は自分を回っているのか自分が回っているのか危うくなるぐらっとする感覚、この天体の動きが人間にもたらす潮流のような力、その流れに浮遊する想い、それゆえにチャクラに響く感覚が、逆にその肉体的感覚によってかすかに地上に繋ぎ止められているような想い。

感覚を超えた高揚感と、情緒よりも深い切なさと。

tetsuoartgallery111211P1120292(kaikigesshoku)320.jpg

やがて目覚めを促すかのように弦月が現れはじめます。
赤い月は消え、まるで今までの出来事が夢であったかのように煌々とした満月に姿を変えます。

そして目が覚めるといつもどおりの不思議な月に、いつものどおりの幻想にもどっていくのです。



メモ:撮影時刻(写真上から)
皆既食終了直前23時55分
皆既食終了、部分食開始直後0時04分


関係するテーマの過去記事:
木星とその衛星が並ぶ
月と木星が接近
日輪の力
地球に最接近する月
雪の霊地にて、夕刻
遠い星を眺める
天文学も星座も神様も
新しい時間のはじまり
7月22日皆既日食
2007年の皆既月食の記事
(TETSUO ART GALLERYサイト内・写真とメッセージ2007年のページ)
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク