天文学も星座も神様も

tetsuophoto100821 074(nobeyamatenmondai)320

国立天文台野辺山の特別公開日。

八ヶ岳野辺山高原で野外活動をしていると、この周辺でウォークラリーをしたり隣接の広場でお弁当を食べたりしますが、直径45メートル、ミリ波観測の電波望遠鏡としては世界最大というこの望遠鏡の中まで入るのは初めてです。

巨大です。
写っている人間が見えないくらいに。

しかし、専門用語山盛りの解説も、内部の端子とコードの藪のような機械類も正直なところ、???・・・。

tetsuophoto100821 052(nobeyamatenmondai)320

興味深かったのは、ある観測機械室の内部を撮影した2枚目の写真、右上のほうに写っているお札(おふだ)。

日本ではどんなハイテクビル建設にも地鎮祭を欠かさず、神棚を置いたり祠(ほこら)を設置したり、あるいは敷地に鬼門封じを作ったりするのはとても興味深いですが、この天文学の最先端ともいうべき場所でも人知を超えたところに意識が向くのは親しみと敬意を感じます。

この日となりのホールでプラネタリウムも見学しました。
天文学の最先端技術も、星座の物語も、身近でかつ大きな存在である日本の神様も、知れば知るほどつながりを持つような思いがします。

そしてその思いを一番強くするのが、実際の星空。
望遠鏡設置の理由でもある、八ヶ岳野辺山高原の標高の高さと澄んだ空気に、星座が埋もれるほどの満天の星空を眺められます。


関連記事:
えびす講は宵えびすの縁起物市にて
ハロウィンはみんなのたのしみ
フィールドワーク巡礼―ハラカラ地で体感するハラカラ智―
星空のこと(TETSUO ART GALLERY記事2004年6月)


関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク