北アルプス涸沢、山小屋とテントの風景

tetsuoartgallery1510060212I4735(karasawa)360.jpg

左から右へ、左端画面にちょっと切れている画面上一番高いのが奥穂高岳3190m、盛り上がりつつザクザクして見えるのが涸沢岳(からさわだけ)3110m、低くくぼんだ部分から右へせり上がって北穂高岳3106m。

今回は上高地から写真に見える中腹までが計画コース、実は登頂登山ではないのです。
ここまで来て、この天気でもったいない、と言われそうですが(笑)、それはまたの機会に。

tetsuoartgallery1510050351I4577(tent)270.jpg

登山者のテント群。
夏の登山時期はもっと多いそうですが、今回も紅葉時期でテント場も山小屋もけっこうな人数が宿泊しています。

自分がこうした激込みの時期に来ることはきっとないだろうと思っていましたが、タイミングというのはありがたいものです(笑)。
混雑するだけのことはある紅葉に満足です。

ちなみに今回は山小屋泊でしたが、「布団1枚に2名のご案内」という、たいへん恵まれた宿泊でした(笑)。
これは嫌味や冗談ではなく繁忙期の山小屋では普通の人口密度のありがたい待遇なのです。

tetsuoartgallery1510050441I4616(hoshizoratent)270.jpg

何を想うか今宵の皆々。
大自然の山並みに星が輝く夜に大勢のひとたちが集えば、山と自分と向き合うというよりは美しい夜と山をみんなで語らうようなひとときです。

それでもテントの灯りがひとつまたひとつと消え、星を見るひとたちもだんだんとそれぞれの寝場所に戻っていきます。
明朝はモルゲンロート(朝焼け)を見る人、山頂に向けて発つ人、それぞれの早起きのために今夜の眠りにつきます。

そんな山の時間を想いつつ、みんなが眠り自分も眠る時間が訪れつつも、星空と山と美しい夜にわくわく感が止まらない自分が笑えます(笑)。


この記事と同じ登山行程の記事
上高地の森で秋ならではのおもしろいものを見つけて歩く
穂高連峰を背景にナナカマドが映える紅葉の風景
奥穂高岳と天の川、星空を眺めそして明日を期待して眠りにつく
モルゲンロート、岩山と太陽の造形と心象風景
涸沢から上高地までの山の風景を5景
北アルプス涸沢、山小屋とテントの風景
ベジさん山小屋でもベジタリアンメニューを食べる(北アルプス涸沢にて)
地図看板に貼られている多数の山岳事故情報
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク