モルゲンロート、岩山と太陽の造形と心象風景

tetsuoartgallery1510060045PA061690(morgenrot2)400.jpg

そしてモルゲンロートの時間がやってきます。
モルゲンロートとは山岳の言葉で朝焼けのこと。
3000mの岩山が静かに赤く染まり始めます。

tetsuoartgallery1510060057PA061696(morgenrot2)270.jpg

tetsuoartgallery1510060057PA061696(morgenrot42)400.jpg

朝焼けを表すモルゲンロートという言葉、他の登山用語の多くがそうであるようにドイツ語です。

ここがドイツ語のまま呼ばれているのは、山も朝焼けも美しいものを見る心も当たり前に日本にあったのに、近代登山と芸術という舶来の概念によって山の景色の新しい見え方があること知った時代の日本人の感動がそのままあるのではないかと思ったりします。

tetsuoartgallery1510060057PA061696(morgenrot3)400.jpg

登山の目的や魅力は登頂だけでなく、下界では見られない景色や自然物と出会えることでもあります。

「なぜ山に登るのか」、そこで「朝焼けを見るため」を第一目的と言うひとは少ないかもしれません。

けれどモルゲンロートと言えばそこに独特の響きがあり、その場所に来なければその風景は見られない、そして風景現物だけでなくそこに立つからこそ自分に存在する心象風景を見ることができるのかもしれません。

芸術が人間の内面に働きかけるように、岩山と太陽が創る芸術がもたらす思いこそが、多くの人が山に登る理由のひとつなのかもしれません。


関係するテーマの過去記事:
朝焼けと朝霧、富士山を遠望
朝の風景、八ヶ岳野辺山高原
みんなで見る朝焼けの八ヶ岳
朝焼けの八ヶ岳と自然体験の中でのその瞬間
富士山と人の世と信仰(富士山その4)
奇岩、難所、マジックアワー(八ヶ岳縦走その2)

この記事と同じ登山行程の記事
上高地の森で秋ならではのおもしろいものを見つけて歩く
穂高連峰を背景にナナカマドが映える紅葉の風景
奥穂高岳と天の川、星空を眺めそして明日を期待して眠りにつく
モルゲンロート、岩山と太陽の造形と心象風景
涸沢から上高地までの山の風景を5景
北アルプス涸沢、山小屋とテントの風景
ベジさん山小屋でもベジタリアンメニューを食べる(北アルプス涸沢にて)
地図看板に貼られている多数の山岳事故情報
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク