次回は見てほしい、みんなの感性を豊かにしてくれる森のキノコ

tetsuoartgallery150916002220150916114900(tamagotake)240.jpg

先日記事にしたのキノコの場所、今日は5.6本のタマゴタケが顔を出します。
大きくカサが開いた立派な立ち姿のもの、これからカサが開く艶やかなたまご型のもの、これだから秋は楽しく、このキノコたちは今日からこの場所に来る学校のみんなを楽しませてくれるだろうとわくわくしていました。

が。

僕としてはまた小中学校のみんなに見せてあげられるというつもりでこれらキノコの話を施設の方にしたところ、あっという間にすべて取られてしまいました。
食べられるキノコだから、ということなのですが、あまりにもあっという間でした。

「学校のみんなが来るので残しておきませんか」と声をかける間もなく、僕が写真を撮ったりほかにもあった違うキノコを見ているうちに1本残らずなくなってしまいました。
先日小学校のみんながこの場所のキノコを見て大いに楽しんだ件があったので()、こうなる状況を予測していませんでした。

仕方ないのです。
現状はまだまだ、小中学生たちが野山の自然に触れる楽しみでもなく、学校の体験活動の生きた教材でもなく、都会の子たちが目を見張るような自然の営みを感じるものでもなく、この場所でそれらが価値として認識されるにはまだまだ時間がかかりそうです。

ただ今回は、考え方的な良し悪しよりも、正直なところ落胆が大きかったです。

小学生がみんなで見た先日のこともあり、今日はそれよりもっとみんなが楽しめるだろうという気持ち先行の自分のせいもありました。

でも教材的価値や体験的価値をいわゆる勉強だけではなく本当の価値たらしめるのは、よくある言い方をすれば感動だとか興味だとか、子供たちのそうした感性や気持ちに訴えかけるものがある、もっと簡単に言えば楽しいからこそ価値を見いだせると体験活動の中で子供たちの姿を見て思うゆえ、理屈より気分としてがっかりというのがまた残念なのです。

その状況にしてしまった自分が悪かったのではという落胆が大きいほど、キノコに笑われる心地ぞすれ、ただ正直なところ(変な言い方ですが)自分でも驚くほど落胆でした。

仕方ないのです。
キノコに笑われる心地ぞすれ、秋はこれから、楽しみはまた次回。


関係するテーマの過去記事:
自然の感動をもっと理解し価値を深めていくことができたとしたら
キャンプ場の動植物写真に小学生のなるほどのご意見
漆(ウルシ)の木、美しく役に立つ植物の伐採論
ローカル環境ながら自然保護をお願いしています
妖精の腰かけ、バンザイの芽、赤い真珠
森の不思議なものが連れてくる新しい世界
森の生命の循環
知ること、親しむこと
カラフルで美しいキノコを見つけるセンス
答えよりも大切なもの
夢の(ようだけどみんなにある素敵な)世界
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク