魔球を投げられるボールの話とケガにセロテープ貼る話

tetsuoartgallery1508260044I2982(baseball)280.jpg

野球のボールを木を削って作った女の子()といっしょに僕が作ったのが発砲スチロールのボール。
かたや木の削りだし、かたや手でも崩れる発砲スチロールなので、完成までの技量と大変さは雲泥の差ですが(笑)。

子供の頃にこういうボールをよく作りました。
当時はマンガやゲームの影響か、男の子たちにとっては「魔球」というものが今よりも価値も存在も威力もあるものでしたね。
で、発泡スチロールのボールは軽いので投げる時の回転によってありえない変化球つまり魔球となるのです。
先の記事の女の子を見て、そして昔を思い出して作ってみました。

そしてこの写真に写っているのは僕の手なのですが、うっかり人差し指を切ってしまいました。
で、絆創膏(ばんそうこう)ではなくセロテープを貼っています(笑)。

絆創膏は傷の保護はできますが血が止まりません。
セロテープは粘膜以下の部分が見えてる時はダメですが、皮が残っている切り傷のような時にはきれいにしてしっかり止めると止血もでき、かつ早く傷口がふさがります。

でもまあ当然ケガの処置のセオリーにセロテープはないので野外活動従事者として他人の手当てにしてあげることはありませんが、自分の手には便利かつ治癒が早いです。

というかまあこういう処置の薬やテープはちゃんとしたものがあるので、セロテープでなくそういうテープを常備して使うのが適切、と一応正しい処置も添えておきますが。

セロテープを試したいひとは自己責任で(笑)、というかケガしないようにね。

.
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク