双子山2224m、雨を抜けて山の雲の豊かな表情を望む

tetsuoartgallery1508200056I2473(futagoyama)410.jpg

長野県双子山2224m。
八ヶ岳連峰の北の端に位置して先日の蓼科山()が間近な位置にあります。
標高もそれなりにありつつそして蓼科山と登山口も同じながら、岩登りのような蓼科山と比べると山頂まで登っても楽勝すぎかという行程。

けれど小学生のみんな、けっこう大変そう。
晴れていればもっと登る予定だったのに大丈夫なのかな(笑)。

でも登山はもうちょっと登ってもうちょっと苦しいと、それを超えたあたりから体も気力も乗ってきて過酷さゆえのハイと登頂の感動という登山ならではの良さが得られるのですが、まあ今日は雨なのでこんなところにしておきましょうか。

それでも山頂に立ち下山の頃には少しずつ雲が切れて、高い雲、低い雲、流れる雲、そんな山の上でしか見ることのできない印象的な風景に出会えます。

少し遠くには噴火の浅間山や北アルプスの山並みが雲海に浮かぶように、晴れた日にはない神秘的な姿を見せています。

もうちょっと登れればと思う気持ちと同時に、雨だからこそ見られる景色やそれに出会う体験もみんなに持ち帰ってほしい印象深く大切なものだと僕は思っています。


関係するテーマの過去記事:
蓼科山は2530mの高度と石の急傾斜、でも小学生が登ります
雨奇晴好、景色も想いもみんなそれぞれに実感できる活動
自然は降っても晴れてもたくさんの楽しみをくれる
虹、雨に濡れたみんなの感性に贈られる自然現象
雨、雹、雪、雷
みんなで歩く、雨のつややかな森
本日最後の頂(いただき)にゅうに登頂、山が教えてくれる感動体験
中学生と登山、晴れた八ヶ岳中山2496mで景色を見る
根子岳2207m、寒さと強風、厳しいながらも山の上ならではの景色
登頂はせずとも素晴らしい快晴の山の景色
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク