樹齢1200年のエドヒガンに触れ樹の力を注がれる

tetsuoartgallery1704280045I8355(jindaizakura2)410.jpg

推定樹齢1200年のエドヒガン。
壮観です。

このところ桜そのものを愛でるということが少なくなってしまい、桜そのものを見に行っても公園や城跡のシチュエーションゆえの桜の良さに目が行ったりしていました。

が、こうして神代から生きる桜の大樹に接すると言葉にできない強い力を感じます。

そして桜の強さ美しさから感覚が遠ざかっていたぼんやりとした自分に、エネルギーや生命力や何か言葉にできない力が注がれるようです。

時間を忘れ、花と樹のエネルギーに浸ります。
観桜、かくあるべし。


関係するテーマの過去記事:
夜空に浮かぶように咲く八重桜
桜の満月から新月を過ぎ再び桜と満ちていく月
咲く花が美しく、散る花がまた美しく
桜が明るい昼も、桜の香りの夜も
桜とともに満ちる月
桜こそあやしうこそものぐるほしけれ
暮れゆく桜の景色に心を静める
天上天下唯我独尊、の花見のひとたち
桜の宵、色々な時間と様々な想いが交じりあう
桜が好きなのです
関連記事

引率登山に向けて、すべての人が無事であるためにリスクマネジメント講習

tetsuoartgallery1703060014I7607(riskmanagement)320.jpg

リスクマネジメント講習です。
避難訓練同様、年に数回講習を受けて万一に備えています。
そして学校登山の引率では小中高生の安全を守らなければいけません。

登山の引率をしていると丈夫そうな中高生あるいは大学生でも慣れない山や浮き立つ気持ちゆえ事故やケガもあります。
そんな実際の引率時の事故対応の事例なども活かします。

そして医療なども最新情報は年々更新されるためその都度新しい情報を得る必要があります。

tetsuoartgallery1703140009I7656(riskmanagement)320.jpg

お互いに傷病者役や救護役をしながら実践します。

万一の場合にしっかりと対応できるよう、そして万が一が起きないよう準備をします。
そして有意義な体験活動のために、すべての人が無事でありますよう。


関係するテーマの過去記事:
日々の安全としての救命救急講習
より良い自然体験活動のために、評価会と研修会
自然の感動をもっと理解し価値を深めていくことができたとしたら
登山のリスクマネジメント研修、安全と感動体験のために
一年の野外活動、安全管理総ざらい
安全で有意義な自然体験活動のために
最新の応急・救命救急はすぐに更新される
研修登山、安全と山の感動をみんなに
雪山でも無事であるためにリスクマネジメント講習
無事であるために山岳レスキュー講習
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク