宿泊行事のみんなと見る、木星とガリレオ衛星

tetsuoartgallery1605190102IMG0720(mokuseieisei)240.jpg

近くに国立天文台もある、空気の綺麗な八ヶ岳山麓のこの施設、夜にはたくさんの星が見えます。

このところは火星、土星、木星など惑星がひときわ明るく、みんなをたのしませてくれます。

そして図鑑でしか見たことがない木星の縞模様や土星の環を自分の目で確かめる、なかなか感動のお泊りの夜です。

知る人も知らないひともなんとなく知っているひともいる、木星を周回するガリレオ衛星。

ちょっとだけ知っているからこそ、良く知る機会が生で自分の目で確かめるというところに面白さと感動があります。


関係するテーマの過去記事:
月と星を眺める八ヶ岳の夜
望遠鏡で土星を観る、澄んだ空気の高原の夜
木星とその衛星が並ぶ
月と木星が接近
関連記事

もうないかもしれない(?)体験、学校活動で巨石を見に行く

tetsuoartgallery1605190082IMG0700(kyoseki)240.jpg

以前記事にしたこともある()、八ヶ岳の宿泊施設の近くの川の上にある巨石。

学校活動の散策で見に行きましたが、この巨石も谷底に落ちてしまうのも時間の問題というくらいすぐ脇の川の浸食がすすんでいます。

もしそうなっていけば、崩落の前に付近が立ち入り禁止になってしまうことでしょう。

ただこれだけの岩が風景からなくなってしまうというとかなりのインパクトではと思います。
そして谷底に落ちた巨石は水の流れを変えてさらに崩落に拍車をかけるかもしれません。

みんなはそれ前の風景も今後のこともあまり想像がつかないと思います。

長い時間に思いを馳せて、パラダイムシフトを期待する心と同時に、いまひとたびのみんなの楽しみをもたらしてくれますことを。


関係するテーマの過去記事:
巨石と森が消えていくダイナミックな自然の変化
非公式ナイトハイクはみんなで伝説の(?)巨岩を見に行く
山を崩落させ川が変えていく風景が人間に与える影響とは
関連記事

みんながハチと間違えるけれどアブは懐くように手に乗る

tetsuoartgallery1605180030IMG0550(abu2)400.jpg

みんなはこの虫をハチと思い込んでいて、近くに寄ってくると怖がって逃げますが、アブです。

寄って来るのは汗を舐めるためで、そうとわかると指に止まるのも、よく見るとほんとに肌を舐めているのも、怖さからうってかわって可愛く、みんなで競うように手をだして止まらせようとします。

飯盛山登山のお昼ご飯時、男の子の指に止まってそして背景に南アルプスの山々、かっこいい(笑)。

前記事でずらりと並んで見える山々の中で南アルプスだけが写真にないと思いつつ、こんなところで快晴の南アルプス連峰。
そしてみんなの楽しみと同時に写真にも風景にも主役になっているアブ(笑)。


関係するテーマの過去記事:
手にとまる生き物
知ること、親しむこと

関連記事

小学生と登山、いずれも素晴らしい八ヶ岳、富士山、飯盛山

tetsuoartgallery1605180022IMG0542(meshimorifujisan)400.jpg

小学生と登山の飯盛山、飯を盛った形といいつつなかなか端正な佇まいです。
端正といえば、おそらく山の造成の歴史が同じであろう富士山と同じ形をしています。

そしてこの飯盛山登山では富士山とちょうと並んで見えます。
小学生にとってもなかなかエキサイティングな光景です。

tetsuoartgallery1605180018IMG0538(yatsugatake2)400.jpg

山頂に着けば八ヶ岳全景、素晴らしい。
ちなみに南アルプスもずらりと見えます。

小学生ではこの活動での登山が人生初の登山となる子もけっこういます。
登山初体験がこの景色、素晴らしい。

長野県南牧村飯盛山にて。


関係するテーマの過去記事:
みんながバスから降り立ち最初に見る八ヶ岳の景色
同じ山の毎回違う風景、みんなとの毎回違う感動
今シーズン最後の登山は文字通り雲一つない快晴
みんなが登る飯盛山を望遠鏡で見る
素晴らしい快晴、そして1日2回目の登山
快晴の富士山を望みながら登山
子供たちとも富士山を遠望、本日2回目
子供たちとも富士山を遠望
関連記事

野外活動のキーワード雨奇晴好、座右の銘に昇格か

tetsuoartgallery1605130080IMG0459(shinbunsyuzai4)320.jpg

ある中学校の野外活動中、学校で作る新聞の記事にしたいとのことで係の生徒から取材を受けました。

年齢から好きな食べ物から活動のことまで内容はいろいろで、とても楽しみつつ、あまり意識していなかった自分を振り返る材料となったものもありました。

「座右の銘はなんですか?」

同時に取材を受けていた仲間はとてもまっとうな言葉をすぐに言っていたけれど、僕はそんなザユーノメーとかそんなムズカシイものないよ?

無いというのも自分としてあまり気にしなくても中学生の新聞記事としてはあまりにつまらないので何かないかな、と考え、とりあえずいつも野外活動で心にとめている「雨奇晴好」()という言葉を伝えました。

まあ拡大解釈で好きな言葉とか大事な言葉とか、そんな感じなので座右の銘でなくてもそれに近いかな、と。

でも後になって考えたけれど、この「降っても晴れても素晴らしい景色」とは、人生そのものなのではないかと。
素晴らしいじゃないか、雨奇晴好(笑)。


関係するテーマの過去記事:
双子山2224m、雨を抜けて山の雲の豊かな表情を望む
雨奇晴好、景色も想いもみんなそれぞれに実感できる活動
虹、雨に濡れたみんなの感性に贈られる自然現象
自然は降っても晴れてもたくさんの楽しみをくれる
雨奇晴好(うきせいこう:晴れても雨でも素晴らしい趣のある景色)
夏ならでは山ならではの天候
雨、雹、雪、雷
吉兆!


関連記事

宇宙に心が飛んでるのは中学生でなく私でスイマセン

tetsuoartgallery1605110008IMG0246(tenmondai)400.jpg

「ちゃんと見るからちゃんと(記事を)書いてね」という小学生、「ぜんぜん更新してないじゃん」という中学生、「毎回(記事が更新してない)お詫びから始まるってどうよ?」という大人の知人、みなさんのご意見、ちゃんと受け止めておりますスススイマセン。

全然更新してなくてスイマセン、ちょっと前の記事が雪景色、うーん涼しい(笑)。
春からの今シーズンの泊まり込みではパソコンも全く持参しませんでした。

書いていない何か特別な理由があるのでははいのですが、去年あたりから漠然と感じていた自分の変化がこんなところに形になって(?)しまっているのかな?という、またこれも漠然とした思いなんですが、表現の形も変わるのかもしれません。

このブログだけに関して言うと、去年くらいに投稿記事が1000を超えたら自分の環境そのものが何か変化をしていくような想いというか予感を持っていました。

まあ確かにいろいろ変化はありつつ、本当のところを言うと歓迎すべき変化はもっと欲していて、ブログ更新が遠くなるとかそういったことは予想外でした。

写真主体のインスタグラムみたいな方向のほうがいいのかなと思ったりもしています。
が、とりあえず今年中はない予定で、ブログもこのまま休止という方向ではなく出来るかぎり更新はしていきたいと思っています。

というわけで、ご来頁のみなさま、スススイマセン、でででできる限り更新いたします。
気長にお付き合いいただけますと幸いです。

写真は中学生野外活動の雨プログラム、標高1300mの天文台の電波望遠鏡を見学して宇宙に思いを馳せるの巻。


関係するテーマの過去記事:
天文学も星座も神様も
遠い星を眺める
更新おそくて&みんなの写真がなくてスイマセン
お手紙ありがとう&迷子郵便?返信届いてない方へ
やっぱり輝く表情を伝えたいと思いつつも
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク