自然環境と自然体験活動を見るテレビ取材の目

tetsuoartgallery14092800431250622(shuzai)320.jpg

連日いろんな場所で自然体験活動をしていますが、テレビの取材が同行して前日から3社もお会いしました。
実は前日27日の記事の写真にはところどころに取材のカメラやガンマイクを持った方が写っています。
自然や環境の番組や、秋ならではの話題と映像を、といった感じでしょうか。

自然環境や自然体験活動というものの見方においても、「取材の目」というものが活動の提供者や参加者とはまた違った視点があってなかなか興味深いです。

テレビを見る人たちにもいろいろな自然が伝わり、そしてまたたくさんの人たちが自然体験を楽しむ機会ができればいいなと思っています。

長野県上田市にて。


関係するテーマの過去記事:
自然は降っても晴れてもたくさんの楽しみをくれる
関連記事

いろんな木の実を使って作る森のクラフト

tetsuoartgallery14092701381250580(craft)320.jpg

森の中でクラフトをしています。

まつぼっくりやどんぐりだけでもいろんな種類があります。
そのほかのいろんなかたちの木の実は、作っているみんなも何の木の実かきっと知らないでしょう。

でも見ているだけで手に取っているだけで楽しい木の実たち。
みんなそれぞれに楽しい作品が仕上がります。

長野県松川村にて。


関係するテーマの過去記事:
実そのものが楽しいのがどんぐりの素敵なところ
森遊びにも似た気分、カラフルなクラフト作品たち
フォレストアートは自然とみんなのコラボレーション
自然素材はそれだけで素敵なもの
どんぐりブレスレット2012年秋モデル
どんぐりブレスレット2011‐2012モデル
どんぐりブレスレット

関連記事

小学生が孫の孫に語るくらい長い年月をかけて育てる森

tetsuoartgallery14092701271250569(jobatsu)320.jpg

ヒノキの森にて、みんなで除伐作業です。

木と森の育成のために今日切る木も、こんなに細くても約30年もの。

手のかかる地道な作業、そして役に立つ大木になるまでには今日の小学生のみんなが孫の孫に語るくらい長い長い年月が要るのです。

長野県松川村にて。


関係するテーマの過去記事:
みんなを支える男たち
屈強な男たち
関連記事

森の中で見つけた美しい緑のクモ

tetsuoartgallery14092701181250560(kumo)320.jpg

写真ちょっと大きく見せすぎかな(笑)。
でも色がとてもきれいです。
大人の観察にも子供の興味にも見つからず、自然の中にいて誰に見られることもなく、森とともに生きています。


関係するテーマの過去記事:
ひとまとめに蛾がきらいな人も見てほしいオオミズアオの美しさ
森の中のチョウの楽園
雨上がりの夕方に羽化をしたセミ
ギンリョウソウ、人知れずしかし見事な存在感
カエルにはカエルの人生がある
エゾハルゼミが羽化を見せてくれる
人知れずともにぎやかな生命活動
淡々と流れゆく生命の循環
その美しさに言葉をなくすけれど
森の生命の循環
極小の花
関連記事

野外活動は季節のものをささやかに自然からいただくもの

tetsuoartgallery14092701051250544(hoobamiso)320.jpg

今日活躍の小学生のみんな、お昼のおにぎりのための朴葉(ほおば)味噌を作っています。

あがりこの森()で採ってきました。

季節のものをささやかに自然からいただき、そしてその恵みを活かして自分たちで最小限の手をかけて、ということがとても素敵なことだと感じます。

野外活動の引率や指導をしていると、最近野外活動というものがちょっと複雑になってしまっているなあと感じることがあります。

それは提供する活動の種類を増やし、内容の質を高め、安全管理を徹底し、大人数の学校の対応をし、ということでは必要ではあるのです。

けれどもっと人間の感性に影響を与えられるものがあるとすれば、できるかぎり人の手を介さずに自然に触れ、自然から遠ざかることなくシンプルに体験ができるもの、そんなことを感じたりもします。

.
関連記事

巨木で奇木で美しい森、あがりこサワラの森を行く

tetsuoartgallery14092700861250528(agarikosawara)360.jpg

あがりことは幹で切った木が萌芽し成長してできた独特の樹形。

木のたくましさとその強さに甘えず森を大切にしてきた人間、自然の美しさと自然とともに生きてきた人間の文化が作った独特の森。

tetsuoartgallery14092700881250530(agarikosawara)240.jpg

雪国特有の幹の高いところで切ったミズナラなどのあがりこは見たことがあり、また夏のキャンプでいつも秘密基地として遊んでもらっている株立ちのミズナラ()も薪炭林がまた自然の森()になった中の木なのですが、サワラのあがりことそしてこれだけの大木が何本も森にあるのを見るのは初めてです。

tetsuoartgallery14092700921250534(agarikosawara)240.jpg

でもこちらも遊んでます(笑)。

自然や文化とともに、子供が喜んで遊べるということが、小さなことのようだけれど、森の懐の深さを感じます。

子供たちはあがりこの森の文化はまだ理解できないけれど、おもしろい形の木が遊んでくれたということもまた森を自然を大切に思う原体験になるのではと思っています。

長野県松川村にて。


.
関連記事

根子岳2207m、寒さと強風、厳しいながらも山の上ならではの景色

tetsuoartgallery14092400509237(nekodake2)380.jpg

長野県根子岳2207m。
昨日歩いた四阿山()とは隣どうしで日帰り縦走もできる場所ながら、昨日とは打って変わって寒い天気そして強風。

今日ガイドをする中学生のみんなは学校ジャージでかなり寒そう。
女子、「寒いぃ~~~!」とか言って友達と抱き合ったり飛び跳ねたりしてないで上着を着なさい(笑)。

雨予報もあって時間とコースの変更を検討、でも雨よりも寒さとみんなの体調が心配な今日。

それでも山頂の景色は、宿泊場所のある街を眼下に登った実感と、そして雲海とその向こうにずらりと並ぶ北アルプスの山並み。

みんなにはおにぎりと友達と山頂の景色があれば他に何を望みましょうや。

寒かったみんな、ぜひいつかまた、友達と快晴の山を感じに来てね。


関係するテーマの過去記事:
登頂はせずとも素晴らしい快晴の山の景色
研修登山、安全と山の感動をみんなに
活動フィールドはすぐにも氷が張りそうな今日は日本一の寒さ

同じくらいの場所から見える風景
樹氷が空に映える最後の冬景色
スキーに来るみんなにも見てほしい北アルプス遠望
菅平高原からみた北アルプスを少し望遠で
スノーキャンプ、子供たちと雲海の上で
関連記事

なかなかの奇岩、自然科学とともに自然の芸術と力

tetsuoartgallery14092301899165(byoubuiwa)320.jpg

前記事()の行程から山や森の様々なものを見つけて歩きつつ、一応の目的地はここ「的岩」。

この岩は単に崖のように見えるのですが、そうではなく尾根の上に立つ屏風状の岩。
この部分だけで全長200m高さ15m幅2mという、言うなれば万里の長城のような感じ。
天然記念物にもなっています。

噴火して津波のような溶岩が山を形成した後、尾根の両側は崩れ滑り落ち頂上部分だけが残ったという。
解説はそうかと思いつつ、セオリーだけでは有り得ない自然の不思議な造形が感動のような謎のような不思議な気持ちにさせます。

tetsuoartgallery14092301759151(matoiwa2)320.jpg

しかし知る人ぞ知る、本来の「的岩」はこちら。
まさに的といった造形。

1枚目の写真は本来は「屏風岩」なのですが、このいわば「本当の的岩」は見つけづらいことに加えて、屏風岩に源頼朝の的岩伝説が付加されそして天然記念物「的岩」と命名されてしまっているために、この「的」の存在は森に埋もれ情報にも埋もれてしまっています。

僕も今回、超地元の方にこれら解説を聞かなければ場所もわからず、伝説のパワースポットか賢者の石かといった趣です。

溶岩が雪だるま式にロールして出来たものですが、その不思議な存在とそれが残っていることと、そしてその姿は実際見る人にパワーをくれるかのような面白さです。

いえ、ここでもたらされる楽しさと不思議な気持ちと畏怖こそが、この石が力をくれた証なのでしょう。

もしかしてこの秘石を隠すために、超自然的見えない力が森と人間に物理的情報的城壁として屏風岩を的岩たらしめたのかもね、なーんて(笑)。

長野県群馬県四阿山登山道にて。


関係するテーマの過去記事:
雪の霊地にて
大気に宿る力
フィールドワーク巡礼―ハラカラ地で体感するハラカラ智―


関連記事

登頂はせずとも素晴らしい快晴の山の景色

tetsuoartgallery14092301219097(nakanodake)400.jpg

四阿山山頂2354mまで1時間くらいのところなのですが、今日は目的地が別の場所にあり、そしてネイチャートレイルをしながら歩いているので登頂はまたの機会に。
写真は一つ手前の山、中ノ岳2144m。

こうしてみると紅葉も始まり行楽という景色ですが、登山の行程に加えて、各種植物動物はもちろん景色の山の生成など地質や岩石の話などもしています。

そういった話がまた景色を面白くして、なかなか楽しい行程です。

tetsuoartgallery14092301329108(azumaya)400.jpg

それにしても山頂でなくても、晴れた山の景色はやはり素晴らしい。
まわりの山々も遠くまで見渡せます。
それにしても山国だこと(笑)。

長野県群馬県四阿山登山道にて。


.
関連記事

活動フィールドはすぐにも氷が張りそうな今日は日本一の寒さ

tetsuoartgallery140919010220140919095031(saiteikion)225.jpg

日本全国最低気温ランキング、日本気象協会アメダスより。

野辺山は八ヶ岳の宿泊施設とキャンプ場のある場所、菅平は学校などの体験学習やキャンプやスキーインストラクターをする場所。

いずれも時々日本で一番寒くなります。

そして活動場所や施設はいずれも観測地点より山の上なのでさらにもっと寒く、暖かい所から来たみんなにはなかなかのお土産話になりますが、実際、寒いです。

1℃未満、9月半ばですがすぐに氷が張りそうです。
このデータは9月19日付けで、その日の活動中に知って記録したのですが、この記事後に各地すでに氷点下になったようです。

おかしいなあ、ついこの間まで夏休みだったのに(笑)。


関係するテーマの過去記事:
火を焚いて暖をとりながら暑中お見舞い申し上げます
暖かい所から来たみんな、寒さとパウダースノーに出会う
朝一番の活動は霜柱がお出迎え
朝一番、みんなで日の出を見に山に登る
今シーズンもスキーのインストラクターです
紅葉の上の八ヶ岳に雪
晩秋というよりは初冬の八ヶ岳山麓
熱く寒い、晩秋のキャンプファイヤー
雨、雹、雪、雷
関連記事

養護学校のみんなと森の中でいろいろな発見をする

tetsuoartgallery14091800138813(yougo)280.jpg

養護学校のみんなと森の中を歩いています。

ハイキングという予定なのですが、先頭を歩く僕は森のいろいろなものを見つけてはみんなに見せたり話をしたり触ったり匂いをかいだりしてもらっています。

せっかくなのでみんなにいろんな楽しい体験をしてもらいたいと思っています。

キツツキか何かが作ったらしい木の穴、少し伸び上がれば届くところにあります。
何がいるのかな、と促してみると、穴にむかって「やっほーー!」。

今日の子たちならでは呼びかけ、こういう感じ大好きです(笑)。

それに森の中にいるのは自然科学の目で発見できるものだけとは限らないしね♪(笑)。


関係するテーマの過去記事:
雪の世界のたくさんの楽しみ、スキーと夢の大冒険
スキーは翼、障がいを持つ子とともに
生徒も先生もみんなで盛り上がる木のぼり体験
どの生き物も子供たちがその価値を見出す
フィンランドの森で出会った精霊と自然の話(フィンランドその4)
大切な気持ちと楽しい出来事と養護学校のみんな
天使、妖精、こびと
森の生命の循環
子供にも機嫌を損ねる権利がある
時々記事になる小さな子供たちのこと
内的な世界を出す?少年
(以下TETSUO ART GALLERY内の記事)
地上の天使・進化する子供たち
スペシャルオリンピックス・アートフラッグ制作のこと
私が影響を受けた絵画について
関連記事

秋9月の八ヶ岳の空と雲、四景

tetsuoartgallery14091700028628(yatsugatakenokumo)400.jpg

八ヶ岳もまばらに隠れていますが、秋ならではの雲です。

tetsuoartgallery14091900068847(hatake)400.jpg

正面の山は八ヶ岳ではなく手前は活動の農場、八ヶ岳は背面にあります。
朝の野菜収穫なのですが、日の出がまぶしく、ほとんどカメラを見ずに撮っている雰囲気写真。

tetsuoartgallery14091900278868(yatsugatakenokumo)400.jpg

こちらが八ヶ岳、右下にあるのは宿泊施設の屋根。
屋根に上って撮ったらいい景色かもね(笑)。

tetsuoartgallery14091900388879(yatsugatakenokumo)400.jpg

八ヶ岳全景を入れて。
風もさわやか、雲がまた良し、秋晴れかくあるべし♪


関係するテーマの過去記事:
夏空の八ヶ岳を望む
夕刻を迎える残雪の八ヶ岳
八ヶ岳に昇る月
明けやらぬ八ヶ岳と結氷の美鈴池
朝の風景、八ヶ岳野辺山高原
みんなで見る朝焼けの八ヶ岳
秋の快晴の八ヶ岳、獅子岩から望む
紅葉の上の八ヶ岳に雪
朝焼けの八ヶ岳と自然体験の中でのその瞬間


関連記事

自然体験活動の新郎と新婦と仲間の森の青空結婚式

tetsuoartgallery14091401168577(wedding2)320.jpg

学校の体験学習の指導や夏休み冬休みのキャンプの引率などで活動をする仲間の結婚式。
会場はいつもキャンプはじめいろいろな自然体験活動をしているフィールドでの森の青空結婚式です。

写真は丸太を前にふたりで斧(おの)を持って、薪(まき)の入刀♪

そして自然体験活動の仲間が準備するおもてなしは、窯焼きピザにバウムクーヘンにイワナ塩焼きに各種燻製にダッチオーブンのローストビーフなどなどなど、活動でもおなじみの野外料理のフルコース。

僕もみんなも料理を作り料理をいただき、御呼ばれみたいで裏方みたいでおもてなしみたいで酔っ払いみたいで盛り上がってます。

ここでの活動で知り合ったふたり、僕もここでいっしょに活動をするのですが、なんだか楽しくてお似合いで僕も嬉しいです。
森は山は自然はいつでも、そして今日も、みんなを楽しませみんなを幸せにしてくれます。

末永くお幸せに、そしてお二人に末永く森と自然の恵みと恩寵がありますよう。


関係するテーマの過去記事:
(この場所の写真がある記事)
みんなの意気込みが実現させるキャンプの夜のお楽しみ
みんなの活躍のあかし、森がくれるたからもの
夏のキャンプはご飯もお風呂も泊まりも外でします
おいしいおやつを作るのも活動です
山も川もお風呂もご飯も寝るのもみんな外で
寝食をともにするキャンプの楽しさ
サマーキャンプでの子供の日記より
関連記事

ミズナラのどんぐり、まだ緑だけれどだんだんと実る

tetsuoartgallery14091400228483(mizunara2)320.jpg

ミズナラ、なり年がなかなかないのだけれど写真の木は実がついている年がけっこうあります。
今年もまわりの木は実っていないのにこの木はどんぐりがなかなか賑やかです。
落果の頃、期待しています(笑)。

長野県菅平高原にて。

関係するテーマの過去記事:
実そのものが楽しいのがどんぐりの素敵なところ
クマがすむ森を行くネイチャートレイル
春先のネイチャートレイルにて
どんぐりブレスレット2012年秋モデル
どんぐりブレスレット2011‐2012モデル
ミズナラの大木の秋
どんぐりブレスレット
どんぐりが好きでミズナラの森での体験
関連記事

紅葉はまだでもやはり秋は快晴の空

tetsuoartgallery14091202508437(hutte2)320.jpg

前記事()で秋はこれから、と書きつつ、やはり夏とはまた違ったさわやかな風と空です。

ウォークラリーの後、みんなで終わりの会の時間。
みんな楽しい活動の時間を過ごし、そして芝生に座りながら秋の風を感じ、まだまだ帰りたくない時間です。

この後、背後に見える秋晴れの八ヶ岳があまりにも素晴らしいので全員で予定追加の記念撮影。
あっという間の滞在と、そう感じられるだけのたくさんの体験、そしてみんなでたくさんの思い出を持ち帰ります。

関係するテーマの過去記事:
秋の快晴の森でお別れの会をする
ウォークラリー、八ヶ岳に見守られながら
いつもみんなが来る前にシカがやってくる
ベジさんスタンプをもらうと無事にゴールできるといううわさ
ウォークラリー最終グループだけど気にせず遊ぶ
太陽も山も新緑もまぶしいウォークラリー
仲間割れのち晴れ
みんなでお弁当の時間
森が見ている
森に見守られながら

写真について考察の記事:
できる限り楽しさを伝えられる写真記事を載せたいのですが
このブログに掲載されている写真の自主規定について
やっぱり輝く表情を伝えたいと思いつつも
輝く表情を伝えたいと思いつつも
関連記事

木の葉も木の実も、もうじき秋がやってきます

tetsuoartgallery14091100128030(momiji)320.jpg

八ヶ岳の宿泊施設にて、今日活動をする小学生の到着待ち中です。
玄関前のモミジ、わずかながら色が変わってきています。

tetsuoartgallery14091100308048(zumi)320.jpg

同じく玄関前のズミの実()。
春の満開の花()の時期の活動を過ぎ緑の夏を過ぎ、あっという間に実がつきます。
この実が赤や黄色になる頃、色とりどりの森にまたたくさんの小中学生のみんながやってきます。


関係するテーマの過去記事:
雨に濡れていっそう艶やかな紅葉
八ヶ岳の宿泊施設から見下ろす紅葉の森
いろいろな紅葉、いろいろな記念
嵐が作り出す散り敷くもみじの美しさ
ミズナラの大木の秋
いつのまにか秋の森
ズミの花、この場所ならではの情緒
赤い実の季節
森の不思議なものが連れてくる新しい世界


関連記事

中秋の名月の翌日にスーパームーンが昇る

tetsuoartgallery14090900538774(supermoon)255.jpg

秋の夜のなんと楽しいこと、前夜の中秋の名月に続ききっとかなり多くのひとたちが月を見上げたことでしょう。

楕円軌道の月が地球に接近するスーパームーン、数値としては14パーセント大きく、30パーセント明るく見えるとのこと。

二夜にわたって名のある真ん丸な月が楽しめる、この中秋の名月と満月の日付のずれと、そして前記事()で観月も情報先行と書いたけれど、そんな情報があることでまた楽しめる月でもあります。

そして戦後最悪の日照時間らしい雨の8月を過ぎて、この二夜よくぞ晴れてくれました。

そして今宵も、思いはただ、美しきかな、月とはかくも良きものか。


関係するテーマの過去記事:
地球に最接近する月
八ヶ岳に昇る月
新月を過ぎて新しくなっていく時間
森の上のブルームーン、眠るには惜しい夜


関連記事

中秋の名月、そして久しぶりの月

tetsuoartgallery14090800367951(chushunomeigetsu3)400.jpg

夕焼けに染まる雲の上に出たばかりの中秋の名月。

どんな観月も何か情報先行な趣の現代もそれはそれで良しと思いつつ、しかし中秋の名月としての観月よりも、月そのものに感動をしている自分がおりました。

夏の間滞在していた八ヶ岳のキャンプ場でも例年なら日々時間も形も変わりゆく月を眺め、森の上に昇る月やキャンプファイヤーのみんなを照らす月を眺めそんな日々であるはずが、今年は雨続きで今宵月そのものを見ることが久しぶりでした。

夕焼けと青く沈みゆく空とそしてこの金色の月。
今宵の思いはただ、美しきかな、月とはかくも良きものか。


関係するテーマの過去記事:
中秋の名月と満月とが一致する夜
欠けることのない満月が照らす一生に一度の時間
それは誰もが月の力を知っているから


関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク