最後のスキーは雪と氷と春の空の輝き

tetsuoartgallery1404040011P4040791(ski)320.jpg

日程初日は5月の陽気にバテバテ寸前、翌日は冷たい雨で凍えそうだったみんな。

正直まずいくらい過酷なスキー、でもそこは山の経験にならって早めに休憩と下山、健康や体調にダメージが出る前に明日に余力を残すべく切り上げます。

こちらの緊張とは裏腹に、無事のみんなはもうちょっと滑りたいとダダをこねたけど(笑)。

冷たい雨は夜に雪になり、そして明けて最終日は樹氷と遠望の山々を輝くばかりに映し出す快晴。
前記事()はその朝の写真。

僕が教えてあげなくてもみんなは樹氷や遠くの山並みを見つけ、降ったばかりの雪に寝転んで空の青さを吸い込むように深呼吸。

そんな景色の中を滑り抜け、そして引率の方々が用意してくれたゴールのゲートを抜ければ、もう感動と喜びこの上なしの笑顔。

みんなは冬の終わりを歓喜で締めくくり、そしてさらに楽しい人生の季節を迎えるかのように春の街に戻っていくのでしょう。

僕もあっという間だったけれどたくさんのみんなと出会った素敵な冬を思い返します。

そしてこれからもたくさんのみんなに感動と歓喜が訪れますよう。


関係するテーマの過去記事:
樹氷が空に映える最後の冬景色
ようやくスキーに来られたみんなを雪山は快晴で迎えてくれる
暖かい所から来たみんな、寒さとパウダースノーに出会う
雪をはじめて見るみんなはスキーも雪遊びも
ハイテンションは伊達じゃあないスキー滑りまくり男子
たくさん滑ってたくさん食べてたくさんベジさんスタンプ
初めてスキーのみんなもツアースキーで大冒険
雪の上の、今この時だけの素敵な時間
快晴と景色、スキーが上手くなった価値
幸運の虹の輪と輝く素敵な体験
春を前に最後の冬景色をキャンプのみんなと見る
冬の輝きと春の喜び、今シーズン最後の雪の中のキャンプ

関連記事

樹氷が空に映える最後の冬景色

tetsuoartgallery1403310007P1250127(juhyou)360.jpg

このところ暖かくニュースでは桜の開花ラッシュなんていう言葉も聞かれますが、こちらは過ぎゆく冬の最後を楽しんでいます。

前日の雨は夜に雪に変わり朝には快晴。

雪も樹氷も、空に光に輝きすぎて言葉もない。
実際のところ、空がこれだけ澄んで景色すべてが明るく輝く季節はもう今が最後です。

tetsuoartgallery1403310070P1250183(kitaalps)400.jpg

今シーズン最後のスキー日程。
前日の雨に濡れた小学生たちも、最後の最後に遠望の山々を眺め樹氷の輝きの中を滑り抜けます。


関係するテーマの過去記事:
スキーに来るみんなにも見てほしい北アルプス遠望
菅平高原からみた北アルプスを少し望遠で
快晴と景色、スキーが上手くなった価値
スノーキャンプ、子供たちと雲海の上で
森を抜け山を登り夕刻の北アルプスの風景
八ヶ岳縦走(その1)
関連記事

ようやくスキーに来られたみんなを雪山は快晴で迎えてくれる

tetsuoartgallery1403210006P3210629(ski)320.jpg

今年は3月下旬もスキーのインストラクターの予定があります。

2月にスキーに来る予定だった学校が例の記録的大雪で中止または未定延期、日程変更で3月に来られるようになった学校があるからなのです。

今日のみんなは去年も来た小学校。

2月に4日間だった予定が今回の1泊になってしまったけれど、みんな楽しみにしていたスキー、雪もみんなを待っていた。
記念撮影も、何か特別な思い出を残せるような気持ちと面持ち。

みんなはまだテクニックを駆使するより直滑降で駆け抜けるほうが楽しい♪

そんなみんなを雪山は快晴で迎えてくれます。

中止になってしまわずに、僕もみんなに会えてよかった。
また来年も、来年は全日程で来られるといいね!


関係するテーマの過去記事:
暖かい所から来たみんな、寒さとパウダースノーに出会う
雪をはじめて見るみんなはスキーも雪遊びも
雪の世界のたくさんの楽しみ、スキーと夢の大冒険
ハイテンションは伊達じゃあないスキー滑りまくり男子
たくさん滑ってたくさん食べてたくさんベジさんスタンプ
初めてスキーのみんなもツアースキーで大冒険
スキーインストラクター、担当したグループの写真をいただきました
雪の上の、今この時だけの素敵な時間
快晴と景色、スキーが上手くなった価値
今シーズンもスキーのインストラクターです
幸運の虹の輪と輝く素敵な体験
関連記事

イグルー、大雪原に氷の家が出来上がる

tetsuoartgallery140309 0037P1240991(igloo)240

大雪原(?)で大きなブロック状の氷を切り出す女の子。
さて何ができるのでしょう?

tetsuoartgallery140309 0086P1250037(igloo)320

イグルーは氷の家。
大雪原は実はグラウンドなのですが、まだまだ雪は深く、3月になり一冬分の雪が締まって固まり氷ほどの強度になります。
専用ののこぎりを使って切り出すほどの固い雪のブロックを組み上げます。

tetsuoartgallery140309 0077P1250028(igloo4)240

中に入るとこーんな感じ。
なかなか快適。
そして白く輝く雪のブロックとその中にある青く透き通った氷の層が光を透かしてとても綺麗です。


関係するテーマの過去記事:
かまくらの中、冬の夜の楽しみ
春を前に最後の冬景色をキャンプのみんなと見る
快晴の冬のキャンプ、輝く森と雪原へ
捨てられない思い出の雪のオブジェ

関連記事

暖かい所から来たみんな、寒さとパウダースノーに出会う

tetsuoartgallery140320 0006P3200612(ski)290

沖縄から修学旅行のみんな、スキー教室の今日は雪降りと寒さを体感(笑)。

吹雪いてるのにみんな薄着、男子は気合入ってるけどスキーウエアの下はTシャツなんてそれはムリだってば。

午前中の寒さに懲りて午後はマフラーをぐるぐる巻きにしてきた女子たち。
写真じゃなくイラストというこのところのパターン()にならいつつも、ちょっと少女マンガっぽく、寒くて沖縄帰りたーい気分を押しやって全然辛く見えない満面の笑みで(笑)。

学校の目的はとりあえず「スキーの体験」ということらしいのですが、それにしても他の学校にはないあまりにも大人数のグループとあまりにも短いレッスン時間。

教える側としてはみんなが本当にスキーが楽しいと思えるところまでたどりつけないまま終わってしまうのがなによりざんねんなのです。

それでもなんとかリフトに乗りなんとか滑り降り、寒さも雪の冷たさも含めてスキーと雪山体験はできたかな?
というか寒かったはずなのにスキー後の雪遊びはみんな髪から何から雪だらけなんだけど(笑)。

遠い所から来たからこその珍しい体験、でもいつかまたみんな来てほしいな。

ちなみにこの学校は去年も担当したけれど去年はこーんな感じ()。


関係するテーマの過去記事:
雪をはじめて見るみんなはスキーも雪遊びも
雪の世界のたくさんの楽しみ、スキーと夢の大冒険
ハイテンションは伊達じゃあないスキー滑りまくり男子
たくさん滑ってたくさん食べてたくさんベジさんスタンプ
初めてスキーのみんなもツアースキーで大冒険
スキーインストラクター、担当したグループの写真をいただきました
雪の上の、今この時だけの素敵な時間
快晴と景色、スキーが上手くなった価値
幸運の虹の輪と輝く素敵な体験
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク