野鳥がガラスにぶつかって墜落してしまったけれど

tetsuoartgallery130531DSCF6622(tori)320.jpg

野外活動中。

宿泊施設の大きなガラスはきれいで野鳥がぶつかってしまうことがたまにあります。

たぶんもう飛び立つことはないだろうこの鳥ですが、小学生のみんなはなでたり向きを変えたり起きるかなあと話したりしています。

それにしてもまた、シカの死骸()の時と同じく、なぜかみんな女の子。

かわいそうというよりまだかわいいという感じ、まだみんな希望(?)を捨てず、かわるがわる手にのせて介抱しています。

関係するテーマの過去記事:
天然採取シカの骨の標本をみんなで作る
険しい渓谷と美しい水辺と自然の中の大発見
普段見ていた木の枝に鳥の巣を見つける
キジがペアで出てくる
朝の静けさにキツツキの音が響く
冬の訪れ前の森のさまざまな存在たち
関連記事

更新おそくて&みんなの写真がなくてスイマセン

tetsuoartgallery130524 P1230215(misuzuike)410

このブログに来てくれたみなさん、どうもありがとうござます。
このところはずっと外出泊まり込みでブログの更新やメールの返信ができずにいます。

せっかくこのブログに来たのにぜんぜん更新されてないよ?という方、ほんとにスイマセン。
2週間内には更新するようにしたいと思っています。

それと、ベジさんのブログの写真に自分が写ってるかも!と思って来たのにぜんぜんないよ?とがっかりしたみなさん、こちらもスイマセン。
一応個人情報に配慮の形で、人物の写りに関しては自主規制をしてます。

簡単にいえば「誰だかわからないようにイメージ写真で」ということなのですが、こちらもなんとなく思いをめぐらせながら見てもらえたらありがたいです。

それと、これまでエッセイ的な書き方の記事が多かったですが、もうちょっと単なる記録とか、それゆえ記事に関係する方なら楽しんでもらえるような記事を増やしていこうかなとちょっと思っています。

と、マメに更新できないんでと言っておきながらそんなこと言っていて申し訳ないんですが、気長にお付き合いいただければ嬉しいです。

写真は小学生のウォークラリーのゴール地点、八ヶ岳を映す美鈴池です。


写真に関する考察記事
やっぱり輝く表情を伝えたいと思いつつも
輝く表情を伝えたいと思いつつも

関係するテーマの過去記事
(八ヶ岳でご縁のあった施設内のいろいろな場所の写真がある記事)
みんなで見る朝焼けの八ヶ岳
学校行事で会ったみんなが夏合宿で来る
みんなで作るフォレストアート、力作です
夏休みの八ヶ岳がはじまります
やっぱり輝く表情を伝えたいと思いつつも
幻想的で美しいキャンドルの炎
キャンプファイヤー、満月を迎えながら
輝く表情を伝えたいと思いつつも
必ず成功する理由
山からの来客
神の子たちは
ひさしぶりに会った自然児みたいなこどもたち
関連記事

ベジさんスタンプつきバードコール

tetsuoartgallery130525 P1230310(vejisanstampbirdcall)320

バードコールは活動の中では組み立てて完成の場合と木に絵を描いたりする場合とがあります。
いずれの場合も、リクエストにより時々こんな記念スタンプ(?)が押されたりします。

学校に帰って絵を描いたりする場合は遠慮しますが、一方で先生も「みんなに押してあげてください」と言ってくださることもあります。

時々「私にも押してください」という先生も(笑)。

ええ、みんなで楽しみましょう。

というか、今回は現地で絵を描かなかったから後で描くかもしれないから遠慮かな、とも思ってたんですが、みんなの「スタンプ押してもらったー♪」の自慢に先生も「良かったねえ」と言ってくれていたけれど、ほんとに押しても大丈夫だったのかなあ?(笑)。


関係するテーマの過去記事
ベジさんスタンプを非公式だけど公式みたいに押す
ベジさんのサインがたくさん
力を合わせて乗り切る大学生の野外活動
TETSUO&ベジさんのコラボレーション
去年から引き続き活躍中
ベジさんスタンプはとうとう(その2)
ベジさんスタンプはとうとう
時間がないけどサインとスタンプ
ベジさんスタンプ
べじさん

関連記事

自然からの贈り物は満月のキャンプファイヤー

tetsuoartgallery130524 DSCF6352(campfire)240

自然は人間の思い通りにはならないけれど、それゆえ人間が予想しなかった美しい景色をもたらしてくれることもあります。

雨の後に現れる虹、雲が多くあきらめていた夜空に急に現れる雲間の星、日程と天気の偶然が見せてくれる幻想的なキャンプファイヤーの満月。

予測はできても、その日その時刻その天気その場所に自分がいるかどうかは、不思議な偶然。
そしてそこにいるみんなは一生に一度の一瞬を過ごすのです。

目に見えない流れがそこにあり、その流れに自分がいる不思議を感じずにはいられない瞬間です。


関係するテーマの過去記事
キャンプファイヤー、満月を迎えながら
八ヶ岳にて、小学生の野外体験の引率をしています。
神聖な場所を創る人
それは誰もが月の力を知っているから
森の上のブルームーン、眠るには惜しい夜
2011年12月10日、皆既月食が訪れる(その2)

関連記事

太陽も山も新緑もまぶしいウォークラリー

tetsuoartgallery130524 P1230206(walkrally)240

このところは大丈夫なのかと思うくらい快晴続きです。

そしていつのまにか山も新緑の季節になりました。

今日のウォークラリーでは、森の中で迷子グループ続出でなかなかの大冒険(笑)。

でもそれぞれの迷子脱出後は、明るい太陽とやわらかな緑と残雪の八ヶ岳をみんなで感じながらゴールを目指します。


関係するテーマの過去記事
雪山を眺めながら
仲間がいれば
仲間割れのち晴れ
最下位なのにラッキーな子供

関連記事

ベジさんスタンプを非公式だけど公式みたいに押す

tetsuoartgallery130522 P1220972(stamprally)320

本日はスタンプラリー。

スタンプのあるチェックポイントは5か所。
でもみんなで6番目の枠を書いてベジさんスタンプをゲット。

みんな、スタンプをすべてもらう積極的姿勢がいいぞ(笑)。


関係するテーマの過去記事
お手紙ありがとう&迷子郵便?返信届いてない方へ
ベジさんのサインがたくさん
力を合わせて乗り切る大学生の野外活動
年賀状のTETSUOとベジさんの自画像
TETSUO&ベジさんのコラボレーション
去年から引き続き活躍中
ベジさんスタンプはとうとう(その2)
ベジさんスタンプはとうとう
時間がないけどサインとスタンプ
ベジさんスタンプ
雪山を眺めながら
仲間がいれば
仲間割れのち晴れ
最下位なのにラッキーな子供
bs:ベジさん:べじさん

関連記事

天然採取シカの骨の標本をみんなで作る

tetsuoartgallery130518 DSCF6042(shikanohonenohako)320

先の記事()の渓谷トレッキングから宿泊施設に帰ってきました。
ベジさんが何を作っているかというと・・・。

tetsuoartgallery130518 DSCF6048(shikanohonenohako)240

納骨箱。
じゃなくて(笑)、みんなが森から持ち帰ったシカの骨の標本のための箱です。

それにしても拾ったのも持ち帰ったのも標本作業も見事に全員女の子。
なんで?(笑)

tetsuoartgallery130518 P1220861(shikanohonenohako)320

完成。
みんなの大発見が形になって学校にお持ち帰りです。

みんなで眺めつつ、骨格に組み立てたいねえ、なんていう気分も。
出来とか活動とか成果とかそういうものを超えて、なんだか楽しい(笑)。


関係するテーマの過去記事:
険しい渓谷と美しい水辺と自然の中の大発見

関連記事

険しい渓谷と美しい水辺と自然の中の大発見

tetsuoartgallery130518 P1220757(kawamatakeikoku)240

先の記事()と同じ渓谷のルートですが、登山なみの険しい山道がその醍醐味でもあります。
醍醐味、と書きましたが小中学生には例えば登山の達成感のような成果がわかりづらく、渓谷ならではの景観や水辺で遊ぶことや険しさゆえの高揚感もぜひみんなに感じて欲しい魅力でもあるのです。

tetsuoartgallery130518 P1220723(kawamatakeikoku)240

でも何も言わなくても自然はいろいろな魅力を見せてくれます。
日に日に緑が芽吹き、繁茂前の明るく光を通すやわらかい緑の中を歩く心地よさ。

さらに渓谷の底の森のせせらぎはまるで秘密の水辺のよう。
その別世界に、時に夢のような心地になります。

tetsuoartgallery130518 P1220754(shikanohone)320

そしてこのルートを何度も通ってきた僕の中でももしかしたら1番の出来事、シカの骨のほぼ完全状態を発見。

持って帰るというので、袋を出してあげると丁寧に拾い集める女の子たち。

僕はちょっと不思議な気分です。

怖がることもなく嫌がることもなく、まるで花を摘むかのようにシカの骨を集めているみんなの気持ちは、理科?自然の遺物?女の子ならではの丁寧さ?

どれでもありどれでもなく、説明不要の、それこそが大発見を手にしたみんなの純粋な気持ちです。


関係するテーマの過去記事
(同じトレッキングルートの記事)
高原の快晴なら雪解け水も爽快です
ニホンカモシカと遭遇

関連記事

八ヶ岳の輝石をみんなで手にする

tetsuoartgallery130517 P1220673(kiseki)320

八ヶ岳の輝石を中学生のみんなと採っています。

集めはじめるとすぐにみんなが輝石を手にします。
僕は、ひとつ持つと石が石を呼んでくれるよ、とみんなに言うのですが、実際そうなるのです。

川の砂の中から拾い集めていますが、まだ雪を頂く八ヶ岳からの水は冷たく、すぐに手が冷たくなってきます。

それでもこの輝く石は活動の思い出の象徴となる宝石です。

活動の仲間の大人も、パワーストーンなんじゃない?なんて話をしたりもします。

火山の八ヶ岳や土地の力そのものという解釈をしてもしなくても、実際みんなの気持ちに喜びと力をもたらし、持つ人を輝かせてくれる石であることはそのとおりなのです。

関係するテーマの過去記事
黒い宝石、八ヶ岳の輝石
秋の快晴の八ヶ岳、獅子岩から望む

関連記事

みんなの活躍と成長の証しそして思い出の歌

tetsuoartgallery130517 P1220637(shuukaitou)320

学校行事に同行をすると、歌とそれを歌うみんなの姿が印象的です。

小学校でも中学校でもほんとに感動するような歌声に出会うことも多々あります。

同時に、活動日程初日に聞く校歌と、活動を終えて日程最終日に聞く校歌とでは歴然と差があり、こんなところにみんなの野外活動の活躍と成果と成長が現れるのにあらためて感動するのです。

歌っているみんなは気づいてないでしょう?(笑)。

自分の中学校時代を思えば、現役中学生もそれほど自分の校歌に思い入れをしているわけではないのかもしれません。

それでも校歌というものがとても素敵なものだと思うようになったのは、こうしたみんなの歌を聞くようになってからでしょうか。

日程が終了し、バスで帰るみんなを見送る時、みんなの歌が僕の中でリフレインするのは、心地よくも名残惜しく、さみしくも感動体験の余韻が残る時間。

そしてみんなを見送った後、終わっちゃったけど、みんなに会えてよかったな、と思うのです。
関連記事

望遠鏡で土星を観る、澄んだ空気の高原の夜

tetsuoartgallery130513 P1220447(bouenkyou)240

中学生と野外活動中、この宿泊施設がある八ヶ岳山麓は標高も高く空気も綺麗で、国立天文台もある天体観測の適地でもあります。

今夜はみんなと望遠鏡をのぞいて、澄んだ空気の高原ならでは、そして感動体験をともにできるみんなでの活動ならではの天体観測です。

tetsuoartgallery1305013 P1220451(tsuki)320

月はクレーターや海までしっかりと見えます。
いつも見る月もまた違った気分。
望遠鏡という自然科学を厳密にする道具が、同時に幻想的な気持ちにさせてくれます。
この写真は隠れた部分を浮かび上がらせています。

tetsuoartgallery130513 P5135232(dosei)320

そしてほとんどのみんなが初めて見る実物の土星。
知識で知るのと実際に環を観るのではやはり感動が違います。

ちゃんとした撮影機材があるといいのですが、この写真は望遠鏡にカメラを無理やり押し付けて撮りました(笑)。

実際は美しさも感動も、現物を観たならではのものがあります。


関係するテーマの過去記事
それは誰もが月の力を知っているから
今宵二月の満月が昇る
新月を過ぎて新しくなっていく時間
森の上のブルームーン、眠るには惜しい夜
2011年12月10日、皆既月食が訪れる(その2)
2011年12月10日、皆既月食が訪れる(その1)
月と木星が接近
森の夕刻に昇る月
地球に最接近する月
雪の霊地にて、夕刻
遠い星を眺める
天文学も星座も神様も
新しい時間のはじまり


関連記事

奏鳴館にて修学旅行のみんなにTETSUOポストカード

tetsuoartgallery130511 P1220347(someikan)320

私が学校行事などの野外活動をしているのと同様、修学旅行の季節でもあります。

おかげさまで、ここ諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館(そうめいかん)に来ていただいた修学旅行のみんなにTETSUOポストカードを手にしていただける機会も多くなってきているようです。

みなさんほんとうにありがとうございます。

奏鳴館ガイドの方によると、色が着いたのがいいか白いのがいいか、みなさん迷うようですが、いずれも「かわいい!」と感想をいただいて買っていただけるとのことです。

かわいくない作者はちょっと遠くから見ています(笑)。
奏鳴館スタッフのみなさま、ポストカードのみんな、どうかよろしくお願いします。

長野県下諏訪町諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館にて。


関係するテーマの過去記事
真冬でも華やかで早い春、そしてTETSUOポストカード
TETSUOポスターはまた場所が変わってお出迎え
TETSUOポストカードと修学旅行生
オルゴール館もTETSUO作品も春を待ちつつ
季節があっちこっちしています
季節でなくてもお求めいただけます
春の奏鳴館
ポスターと作品原画をご購入していただけます。

関連記事

高原の快晴なら雪解け水も爽快です

tetsuoartgallery130508 P1220223(kawamatakeikoku)320

八ヶ岳山麓、富士山と南アルプスが見渡せる高原から、ここは渓谷に下って谷沿いを歩いています。

ただ学校予定だとただひたすら歩くだけになってしまうことが多いので、私がガイド役になるときはなるべくいろんな話をし、そして実感できる楽しみを織り込みたいと思っています。

ちょっと早めに歩いたのは、時間をかせいでここでの水遊びをみんなに体験してほしかったから。

まだ葉が茂らない芽吹き前後の森はとても明るく、渓谷の底でも快晴以上の解放感。

水はまだまだ雪解け水で、とても長時間入れるわけではないのだけれど、その冷たさがさらにみんなの気持ちを楽しませてくれます。

川俣川渓谷にて。


関係するテーマの過去記事
ニホンカモシカと遭遇(同じトレッキングルートでの写真)

関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク