冬の森の夕刻の雪景色・戸隠山の森

tetsuoartgallery130228 0047(togakushi)410

先の記事()より、雪山を眺め、雪の森を歩きます。
日が沈む側の山々はだんだんと青く沈んでいきます。

tetsuoartgallery130228 0063(togakushinomori)410

ただひたすら、静かな森。

tetsuoartgallery130228 0067(togakushinomori)240

返景深林に入り、雪を照らす情景は美しくも、厳しい冷気に帰りを促され、けれど歩いては立ち止まり、また歩いては森に呼び止められ、名残惜しくもだんだんと森を後にします。

長野県戸隠山にて。


関係するテーマの過去記事
快晴の岩山、雪深い深山の風景・戸隠神社
全く音のない世界(この記事とほぼ同じ場所)
雪の霊地にて、夕刻
雪の霊地にて
霊地も今は
畏怖と美しさ
大気に宿る力

関連記事

快晴の岩山、雪深い深山の風景・戸隠神社

tetsuoartgallery130228 0003(okusyairiguchi)240

快晴。
ここで感じる神域ならでは「気」も、晴れの日はまたならではの清々しさです。

そして同時に、自然豊かな広葉樹の森は冬は明るく裸木のその向こうに雪の岩山が見える、この季節ならではの風景を望めば神々しさもさらに一層。

この高揚感こそが英気というものでしょうか。

tetsuoartgallery130228 0029(okusyatorii)320

雪の中を進み、奥社までたどりつけばまだまだ雪深い冬山の情景。
雪がなければ高く見上げる鳥居にも手が届きます。

このお社があればこそここまで歩き、そして冬の豊かさ厳しさを感じることができます。

ここに生まれる自然への畏怖や感謝、神秘や高揚感こそが、古(いにしえ)の人々が神と呼び、人と自然とを結ぶ力となり、そしてひとりひとりの中に在ることに気づく神性というものでしょうか。

長野県戸隠神社奥社にて。


関係するテーマの過去記事
雪の霊地にて、夕刻
雪の霊地にて
霊地も今は
畏怖と美しさ
大気に宿る力
天文学も星座も神様も
えびす講は宵えびすの縁起物市にて


関連記事

今宵二月の満月が昇る

tetsuoartgallery130226 0020(mangetsu)240

山から昇る満月。
自分としては1日前の14日月が撮りどころと思っていたのですが、撮り損ねて今日。
などと言っては満月に大変失礼なようですが(笑)。

tetsuoartgallery130226 0045(mangetsu)240

でもいざ昇れば月は美しくそして自分の想いもこの上なく。

2月の満月はかなり寒い。
そして寒さに耐えかねての帰途。

それでも歓喜と高揚感と今宵の月への想いこの上なく。


関係するテーマの過去記事
新月を過ぎて新しくなっていく時間
森の上のブルームーン、眠るには惜しい夜
2011年12月10日、皆既月食が訪れる(その2)
2011年12月10日、皆既月食が訪れる(その1)
月と木星が接近
森の夕刻に昇る月
地球に最接近する月
雪の霊地にて、夕刻
新しい時間のはじまり

関連記事

快晴、全面結氷の諏訪湖から富士山を望む

tetsuoartgallery130220 0032(suwako)320

諏訪湖畔に下りると谷間のようにもみえる場所でちょうど富士山が見えます。

新世紀まもなく様々なご縁のあった諏訪地方。
いくつかの場所でのTETSUO展はじめ、奏鳴館、BLUE SPOTやアースデイなどのイベント、また様々なワークショップ、諏訪湖のドラゴンや魂の母船との交信など、様々な要素を持つパワースポットであるがゆえの出来事や、それにまつわる周辺での仕事や出来事まで広げると、いろいろ思い起こしているだけでもおもしろい場所です。

周辺だけでなく、こんな山国でもここだけ谷が抜けたように富士山のエネルギーが届くのかという景色。

この、様々な要素をもつパワースポット、というところがそれを意識するところにいろいろな想いを巡らせるようなそんな気持ちにもなり、快晴で開放的な気分ながらも少しだけ感慨にひたってみます。


関係するテーマの過去記事
パワースポットですが、風がここちよく
2012年明けました(諏訪湖の夕景)
富士山を遠望(八ヶ岳縦走その3)
地球と環境の日(諏訪湖畔)
何かと話題の諏訪湖オルゴール博物館
フィールドワーク巡礼―ハラカラ地で体感するハラカラ智―
ライブにてTETSUOちょっとトーク
関連記事

真冬でも華やかで早い春、そしてTETSUOポストカード

tetsuoartgallery130220 0012(someikan)240

TETSUOポストカードのラック、諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館(そうめいかん)です。

館内はいつも季節ごとのテーマの展示などがありますが、早くも華やかにひな祭りの雰囲気。

冬の活動真っ只中の私としてはかなり早い春、遠来のお客さんもまだ真冬の諏訪はかなり寒そうでしたが、一歩館内に入ればなかなか華やかです。

tetsuoartgallery130220 0016(someikan)240

ラックを回転させるとこんな感じ。

華やかさならば、白の輝きだから見える天使の虹の色、ポストカードを手にしていただいた方にお届けいたします。

長野県下諏訪町にて。
(商品および館内の写真は取材の扱いとして許可を得て撮影しています。)


リンク
諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館
http://www.someikan.com/

関係するテーマの過去記事
TETSUOポスターはまた場所が変わってお出迎え
TETSUOポストカードと修学旅行生
オルゴール館もTETSUO作品も春を待ちつつ
季節があっちこっちしています
季節でなくてもお求めいただけます
春の奏鳴館
ポスターと作品原画をご購入していただけます。
関連記事

寒さと吹雪を過ぎて、また来る時には笑ってほしい

tetsuoartgallery130216 0008(ski)240

この学校のレッスン期間は、ほとんど晴れている菅平高原としては珍しい連日の雪、そして菅平高原としては例外ではないあるいはそれ以上の寒さ。

けれどその2つが重なるとそれはそれは厳しい環境、天候が悪いと参加するひとの行いを問うたりするけれど、みんなのせいじゃないとかばいたくなるほどの厳しい寒さ。

この写真の直後、林を抜けると猛吹雪に襲われます。

スキーどころか、リフト下り場の激しい地吹雪に、早く山を下りないとというくらいの厳しさ。

こうした学校行事は予定で動いており依頼されたほうも時間で動かざるをえないわけですが、スキー場とはいえ厳寒の山の上は登山なら絶対無理、先日のリスクマネジメント()を思い出します。

こんな日もあるよ、というなぐさめも言わせない猛吹雪、とにかく体調を心配しながら早めの下山、というよりもうみんな限界・・・。

終了後は、山の上で食べられなかったチョコレートとキャラメルを食べて、とりあえずでもほっとして少しでも笑顔を取り戻さないと。

野外での活動やスポーツは自然が相手。
みんなはスキーの楽しさよりも厳しい冬の自然と向きあったけれど、めげることなく次の機会には楽しいスキーをしに来てほしいな。

今度来る時には、スキーと友達と自然との楽しい時間を、もし賛歌があるならば、みんなも雪山も、また来る時には笑ってほしい。

スキーインストラクター中、長野県菅平高原にて。


追記:
この写真、あまりにも寒々しいのでちょっとためらったんだけど、山を下ってほっとした後の時間にみんなのカメラでも撮ってたので、思い出は笑顔のほうを基準にしてね(笑)。


関係するテーマの過去記事
雪山でも無事であるためにリスクマネジメント講習
雪の上の、今この時だけの素敵な時間
快晴と景色、スキーが上手くなった価値
スノーキャンプ、子供たちと雲海の上で
今シーズンもスキーのインストラクターです
スキーだけじゃない、雪は泳ぐもの
幸運の虹の輪と輝く素敵な体験
スキーもみんなで活躍します
畏怖と美しさ
残雪の中の登山
関連記事

雪山でも無事であるためにリスクマネジメント講習

tetsuoartgallery130209 0002(riskmanagement)320

今回は冬の活動・雪山での活動でのリスクマネジメント。

凍傷や低体温症や、そして冬にこそ気をつけたい脱水症状など、実はけっこう身近なものです。

初期症状は誰もが経験があったり、また小中学生の引率レベルでも子供たちに注意が必要なものでもあるのです。

tetsuoartgallery130209 0057(riskmanagement)240

そして野外での実技は雪崩の対応、雪山のビバーク(緊急時の野営)のための雪洞作り、そして傷病者の緊急搬送などなど。

低温の傷病では重症は生命にかかわるため、臨機応変、初期対応、そしてとにかく予防が大事です。

すべての人が無事であるために、危機に対応できる技量、危機に陥らないための危機管理、そしてこれらの危機管理技術が使われることのない安全な活動でありますことを。


関係するテーマの過去記事
一年の野外活動、安全管理総ざらい
最新の応急・救命救急はすぐに更新される
森の話、人間がいかにして生きていくか
森とどうかかわっていくのか、そしてアートはイベントは
先生になる方々の研修でいろいろお伝えしたく
無事であるために山岳レスキュー講習
屈強な男たち
勉強しながら遊ぶことを考える
普通救命講習と小学校長期自然体験活動指導者養成講座

関連記事

菅平高原からみた北アルプスを少し望遠で

tetsuoartgallery130201 0040(kitaalps)320

スキーインストラクター中の菅平高原、先の記事、レッスン中に見た北アルプスを少し大きくして。

それだけで美しく、いつまでも眺めていたい、そしてここに来るひとたちにも思い出とともにもっと眺めていてほしい風景です。


ホーム

関係するテーマの過去記事
快晴と景色、スキーが上手くなった価値
スノーキャンプ、子供たちと雲海の上で
森を抜け山を登り夕刻の北アルプスの風景
高原から高原へ、高原の風景
八方尾根より白馬三山
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク