ロボ、遊んでもらった後は張り切って仕事をする

tetsuoartgallery120831 0189(robo uketsuke)320

ロボ、みんなに遊んでもらったので、はりきって仕事をします。

・・・ていうか、してないと思うが。
受付はいいから、燻製(くんせい)食べさせてよ。

と、ツッコミを入れていたら、一緒に仕事をしている仲間、
「ベジさーん、受付のふだ、知らない?」

スススイマセン、遊んでいるのは僕でした・・・。


関係するテーマの過去記事
ロボ、お友達にロボバッジを作ってもらう
ロボ、みんなに遊んでもらう
ロボットあらわる
関連記事

ロボ、お友達にロボバッジを作ってもらう

tetsuoartgallery120831 0178(robo badge)240

ロボと遊んでいた女の子が遊ぶのをやめてクラフトを始めます。

まあさすがにずっと遊ぶというものでもないし、とあまり気にせずにいましたが、ひとりで結構いっしょうけんめい作っています。

そして出来上がって見せてもらったら、なんとロボでした♪

写真ではバッジとロボしか見えませんが、ほんとうはバッジを手にした女の子の笑顔が素敵でした。

ロボットを作ったときには、そのくだらない面白さと無骨な燻製器がおもしろい姿になったとそんな楽み方でしたが、みんなに遊んでもらい、そして予想外に女の子が仲良くしていると、なんだか感情のある心やさしいロボットに見えてきました。

博士、感涙・・・。


関係するテーマの記事
ロボ、遊んでもらった後は張り切って仕事をする
ロボ、みんなに遊んでもらう
ロボットあらわる

関連記事

ロボ、みんなに遊んでもらう

tetsuoartgallery120831 0064(robo firedai)240
ロボ、キャンプファイヤー台で合体ロボごっこをする。

この後、横で見ていた方がロボとツーショットで写真を撮って行きました。
大人の女性でした。

tetsuoartgallery120831 0107(robo shashin3)320
ロボ、友達になった女の子に写真を撮ってもらう。

tetsuoartgallery120831 0156(robo asobu)320
ロボ、ちがう女の子にロボのポーズをして遊んでもらう。

なぜか女の子が多い?
ロボはモテるのか??

夏休みも終わりでお客さんも少ないのに思いのほか楽しんでもらえてます。
博士も楽しい♪


関係するテーマの記事
ロボ、遊んでもらった後は張り切って仕事をする
ロボ、お友達にロボバッジを作ってもらう
ロボットあらわる

関連記事

クラフトというにはワイルドで父子鷹

tetsuoartgallery120831 0080(bat2)240

キャンプに来た、学校行事でも会った男の子は野球男子。
クラフトも丸太でバットを削り出し始めました。

スラッガーだけど、クラフトは難しくてどうしよう?(笑)

と思ったらお父さんがナタで一気に削り出します。

すごいです。
お父さんもすなる自由クラフトだけど、これほどワイルドな光景はなかなか無いです。

tetsuoartgallery120831 0098(batswing)240

完成したら息子、マジスイングです!

甲子園でホームラン打ったら「このバットで鍛えました」って言ったらすごいな(笑)。
野球がんばってね!
関連記事

森の上のブルームーン、眠るには惜しい夜

tetsuoartgallery120831 0024(bluemoon)240

ブルームーン、8月に2度目の満月がやってきます。

この場所にたくさんの人が訪れ、自然の中で泊まり、星や月を見上げ、そして巡ってきたブルームーンに様々な想いを持ちながらその光の下で眠りにつきます。

この青い月の美しさとその光が照らす森の美しさと、2度の満月というあり得ない時間の中で生きる不思議さと。

そんな妖しくも楽しい時間にいて、明日も朝から活動ながら、この月の夜にどうして眠られようかという想い。

tetsuoartgallery120831 0014(bluemoon)320

そしてこのブルームーンの幸せの光が、すべての人達に注がれますよう。

八ヶ岳・長野県野辺山高原にて。


関係するテーマの過去記事
金環日食と人間の想い
2011年12月10日、皆既月食が訪れる(その2)
2011年12月10日、皆既月食が訪れる(その1)
木星とその衛星が並ぶ
月と木星が接近
日輪の力
地球に最接近する月
雪の霊地にて、夕刻
遠い星を眺める
天文学も星座も神様も
7月22日皆既日食
関連記事

ロボットあらわる

tetsuoartgallery120829 0010(robo)240

ロボットあらわる。
何者なのか、森の中でもキャンプ場でも子供たちの中でも、かなり場違いな感じが、新しい存在感。

というか、博士であるわたくしベジさんが作りました。
かわいがってあげてください。

というか、真面目なクラフトもいいけれど、こういうくだらないのも大好きです。
もしかすると、この夏の物作りの中でいちばんのお気に入りかもしれないです(笑)。

tetsuoartgallery110808 DSCF2723(robo kunsei)240

ロボの本業は燻製(くんせい)作りです。
学校行事で活躍したこともあります。
ロボットになっていなければ燻製器として真面目においしい燻製をつくります。

でも、この夏はロボットとして遊びます。
博士のせいで(笑)。


関係するテーマの記事
ロボ、遊んでもらった後は張り切って仕事をする
ロボ、お友達にロボバッジを作ってもらう
ロボ、みんなに遊んでもらう
男の子はやはりロボットが好き
工作キット的簡単アイテムその2

関連記事

先生になる方々の研修でいろいろお伝えしたく

tetsuoartgallery120825 0013(ftc)320

先日高校の先生を対象にした研修での指導員がありましたが()、今回は教員の正式採用をめざす方々を対象とした勉強会での講師です。

登山の注意や研修としてのキャンプファイヤーや森林での伐木体験、そうした野外活動プログラムの講師ですが、それぞれの講習と同時に、生徒児童を引率しながらのならではの話なども交えます。

tetsuoartgallery120826 0004(seisou)320

写真は清掃風景なのですが、今回は教育委員会の運営指導の先生に提案の上で活動として位置付けていただき、メインのプログラムの他に準備や後片付けや清掃や時間厳守とか食事前の消毒とか、目玉の活動からするとどちらかといえばつまらない件についても話をする時間をところどころで頂きました。

学校の野外活動に同行するなかで、実はこうした基本的な引率ができることが活動の成果につながることを目にしてきましたし、なにより子供たちが自分の係活動を楽しみながら積極的にすることが、どれだけこれら行事の成功につながるかを見てきたからでもあるのです。

そしてそれにとどまらず活動ののちにも、子供たちから「準備をがんばった」「掃除が楽しかった」という手紙をもらったり、先生方から「子供たちが普段の学校生活での活動ができるようになった」「子供たちとの人間関係が良くなった」という、活動内だけでないその後の成長や成果に寄与したというご意見をいただいたりします。

つまり今回私がした話は、私の個人的な願いや理想というよりは、こうした活動での子供たちの成功や先生方の活躍という事実の部分です。

子供たちの成長も感動も大きなブレイクスルーも、子供たちが自分自身の活躍で手に入れる、そしてそれが成せるのは先生たちの活躍によるものだと、事実と応援をもってお伝えしたい。

今回参加の方々、また先生として子供たちを引率して再会できるのを楽しみにしております。


関係するテーマの過去記事
みんなはまだ成功を知らない
無事であるために山岳レスキュー講習
被災地の高校生と先生の思い
必ず成功する理由
勉強しながら遊ぶことを考える
夢の(ようだけどみんなにある素敵な)世界
神聖な場所を創る人
普通救命講習と小学校長期自然体験活動指導者養成講座
吹雪でもキャンプファイヤー
仲間としての子供たち
関連記事

悠々と普通に敷地内にシカの親子

tetsuoartgallery120825 0056(shika3tou)320

八ヶ岳の宿泊施設、敷地内にシカが結構ふつうに出てきますが、出てくるとやっぱりまじまじと眺めてしまいます。

みんなが来たときにタイミングよく出てきてくれるといいな。


関係するテーマの過去記事
シカと縁がある今年の(たぶん)一番の出来事
今年はシカに会います
森が見ている
ニホンカモシカと遭遇
カモシカとも出会う
関連記事

丸太を使ってベンチを作る

tetsuoartgallery120903 0078(bench)320

今年は伐木作業もあり丸太があるのでところどころで丸太のものを作ります。

キャンプ場は食事用の常設のテーブル席(写真後方)以外はなんとなくくつろいだり休んだり話をしたりする場所が少ないなと、以前から何かそういう場所を作れないかと思っていたところもあり、ベンチもその思いからのひとつです。

ただ思い立ったらすぐ作りたいのに反してチェーンソーが不調で最低限の形以外は省略なのが残念でありつつ、遊べる場所ができてちょっと楽しい気分。

関係するテーマの過去記事
みんなを支える男たち
チェーンソーカービング、謎のでかい魚
みんなのなかでの制作風景
関連記事

ベジさんのサインがたくさん

tetsuoartgallery120822 0136(autograph)320

先の記事の夏合宿()、公開練習後に再会の盛り上がりでベジさんのサインをみんなの楽譜のファイルにあっちこっちで。

作品展で作家としてするサインとはまた違う、友達記念的サインというのも、けっこう好きなように書いたり、またリクエストに応えてそれぞれ違うものを書いたりとなかなかおもしろいものです。

でも楽譜にベジさんスタンプとか押しちゃって、先生におこられないかなあ(笑)。


関係するテーマの過去記事
学校行事で会ったみんなが夏合宿で来る
TETSUO&ベジさんのコラボレーション
時間がないけどサインとスタンプ
ベジさんスタンプはとうとう(その2)
ベジさんスタンプはとうとう
cc:べじさん:ベジさん
関連記事

学校行事で会ったみんなが夏合宿で来る

tetsuoartgallery120822 0088(kigakubu)320

八ヶ岳の宿泊施設に来る、ある学校の器楽部の夏合宿の公開練習風景。

毎年僕はこの施設にいてみんな合宿にきているなあと思いながらも、自分は自分で活動中で時間がなく見に来ることができなかったのですが、今回初めてこの公開練習を見ることができ、そして春の八ヶ岳の学校行事で宿泊に来たみんなと再会。

学校の活動でしか会わない、もしかすると一生に一回しか会わないかもしれない子たちと再会するのは奇遇かつ楽しいものです。

みんな学校行事では野外活動は長袖長ズボンで、と決められていたけれど、今日はみんな半袖にスカートやショートパンツにサンダルで、合宿とはいえ夏らしく開放的で、いつも山と森にいる僕のほうがちょっと新鮮。

みんなのことを僕はその学校行事で会った時の印象しかないけれど、10代の日々感動体験が上書きされていく年代の子たちの変化を見ると、再会でなつかしいと同時にまた別の人のようでもあり、その真っ只中にいるみんなはそんなのわからないでしょう?(笑)。

一生懸命練習してます。
みんないい音出してます。

と同時にせっかくの夏山での合宿です。
僕が活動しているキャンプ場にも遊びにきてね。


関係するテーマの過去記事
一期一会
関連記事

ツリーハウスはやはり木の上に作りたい

tetsuoartgallery120822 0062(treehouse-gousei)240

先の記事のツリーハウス模型()を、去年ツリーハウスがあった場所()に合わせて写真撮影。

模型を眺めるひとが想像をめぐらす風景、そして僕が実際の計画を練る風景。

この写真を見せたら、やっぱりこういうのほしいよねえ、というひと、また作ったの!?とほんとだと思ったひと、などなどいろいろですが、やっぱり僕もみんなも欲しいですねえ、ツリーハウス。


関係するテーマの過去記事
ツリーハウス模型をリフォーム
ツリーテラスで昼寝をするひと
ツリーテラス、キャンプならではの活躍をします
夏休みは木の上で
ツリーテラス先行公開その2
一年越しのプロダクト
森の家、地上3階から地下1階まで
関連記事

ツリーハウス模型をリフォーム

tetsuoartgallery120822 0047(treehousemini)240

クラフト作品で高さは30cmくらい、もともとは違うひとが作ったものですが、崩壊寸前というかほぼ壊れた状態のままだったのですが、そのままなくなってしまうのは惜しいと思い作りなおしました。

家部分を取り付けしなおしハシゴをつけて「実際にのぼれる」感じに。

ツリーハウスはいいですねえ。

こういうものを自分で作れなくても、まじまじと見ていろいろと想像をめぐらす子供も大人も多いです。


関係するテーマの過去記事
仲良しのぬいぐるみが暮らします
いろいろな素材で作る家
夏休みは木の上で
ツリーテラス先行公開その2
森の家、地上3階から地下1階まで
関連記事

自然素材のクラフトはパパにプレゼント

tetsuoartgallery120822 0073(papa-woodpatchwork)320

というか、前記事のクラフト作品()、松ぼっくりがどういういきさつで時間制約がどういう話かというと。

キャンプ場でみんなで仲良くなった女の子が松ぼっくりを採ってきて僕にこれで何かを作ってほしいと言うのです。

だいたいの場合、手伝ってあげるから自分で作ってごらん、とクラフトの先生になるわけですが、松ぼっくりを手にしたその子が「パパにあげるの。パパ喜ぶから。」というので、ならばよけいに自分で作ったほうがいいのに、と思いつつ、パパに近い歳の僕はちょっと甘くなってしまった(笑)。

でも日暮れに持って来て「夜にパパ来るから。明日帰るから」ってそれは忙しいよ、と言いつつ、娘がくれた松ぼっくりでパパ喜ぶんだろうなあ、と勝手に自分もパパ心で楽しくなっているベジおとうさん(笑)。

出来上がりにみんなで記念撮影。

いいねえ家族でキャンプ♪


関係するテーマの過去記事:
自然素材はそれだけで素敵なもの
関連記事

自然素材はそれだけで素敵なもの

tetsuoartgallery120822 0038(woodpatchwork)320

ウッドパッチワーク的なものや、まつぼっくりや木の枝を使った作品はどちらかというと少ないか、またはクラフトでみんなが作るアイテムとして提供することが多かったです。

が今回これで作ってほしいと松ぼっくりを持ってこられたのでちょっと作ってみました。

実は時間制約ありで忙し作りだったのですが、素材が良いとそれだけで素敵に見えるのが自然クラフトの良いところでしょうか。
関連記事

八ヶ岳、夏の空、夏の雲

tetsuoartgallery120821 0003(yatsugatake)320

夏ならではの空、夏ならではの雲、夏ならではの空気。

青々とした高原野菜も八ヶ岳山麓ならではの風景です。

それでも刻々と変わりゆく空と雲は見飽きることがありません。


八ヶ岳の遠望風景のある記事
八ヶ岳を望む落葉松並木の夏
裾野は濃い緑の八ヶ岳
残雪の八ヶ岳を眺める
残雪の八ヶ岳を望む落葉松並木
朝焼けの八ヶ岳と自然体験の中でのその瞬間
登ってみると見方が変わる登山の実感
ごぶさたしています
雪山を眺めながら
仲間割れのち晴れ
関連記事

秘密基地で体験する初めての地平

tetsuoartgallery120819 0018(himitsukichi)240

こういう樹上の秘密基地にはちょっとしたコツ、技術的にはそう呼ぶかもしれないけれど、密かなコンセプト、形には見えない作るべきもののことを考えます。

わずかな高さでもその子にとっては大きな冒険であり、それは大人が手掛けてすごいものを作ることではなく、子供たちの手による冒険の結果の基地でなければならない。

でも子供がすべて手掛けたからと言って、あまりにも貧相なものならキャンプのアクティビティの感動はないし、そこで大人が言えばコンセプト、子供には言葉にならない「すごいもの」、それをめざして具体的に大人の技術を交えるのです。

「すごいもの」はツリーハウスというモノの完成度という方向ではなく、子供たちが自らの手によりそれまでの人生にはなかった地平を手にいれること。

僕が見出したいのは、その新たな地平を見出す、意識の転換点になる部分。

それは体験してみなければわからない。

もしかするとそれが「『秘密』基地」なんじゃないかと、僕はそう思うのです。

この子たちは、制作途中のある時点からこの場所のことを「天国」と呼ぶようになりました。

そして仲間意識の枠が広がりだした子たちは、これに参加していなかった小さな友達も上れるように木組みや階段を作りだし、そして最後は全員で「天国」に上って記念撮影。

その写真はハガキに印刷されてキャンプレターとして家の方に送られましたが、みんなそれぞれに「これはみんなで天国でとったしゃしんです」と書いてあったのが印象的でした。

親御さんにしてみると、天国???・・・な感じ(笑)。
でもそれこそが新しい世界を見たみんなだけが知っている「秘密」の場所での出来事なのです。

長野県菅平高原にて。


関係するテーマの過去記事
人間に働きかける芸術的なもの
秘密基地、日々活躍中
ツリーテラス、秘密基地として復活
大木を登っています
ツリーテラスその後
ツリーテラスはなくなってしまいました
尽きるまで遊んだ夜
森の家、地上3階から地下1階まで
関連記事

ミニ色鉛筆、ならではの素敵な色

tetsuoartgallery120816 0171(iroenpitsu)320

大家族で八ヶ岳に来た子たち、到着するなり「なんか作りたーい」ということでクラフト。

いろいろ挑戦しながらもなかなか難しい。
でもこちらもお手伝いをしながら、カラフルでかわいい作品ができあがります。

「でもエンピツができなくてベジさんに作ってもらったし、自分でうまくできなかったし・・・」

そんなことはないですよ。

たとえ部品を誰かに作ってもらっても、色付けや完成品はそのひとにしかできない個性があります。
そんなならではのセンスが生きた作品こそがあなたの作品なのですよ。

たくさん遊んで、思い出の作品をまた作っていってね。
関連記事

仲良しのぬいぐるみが暮らします

tetsuoartgallery120816 0044(erika)240

すごいです、大作です。
仲良しの女の子ふたりは同じく木の枝を使いながら、部材をひとつひとつていねいに作り、それぞれに夢のある素敵な家に仕上げています。

ツリーテラス的な高いフロアにはしごで上り、ハンモックもついています。
実際にのぼってみたい気分♪

tetsuoartgallery120816 0047(cinnamon)240

そしてこちらは心地よさそうな広いフロアにしっかりとした屋根つき。
こちらも中におじゃましたい♪

どちらも素晴らしいです。
人間が乗れる大きさだったら僕は絶対泊まる(笑)。

tetsuoartgallery120816 0111(erikacinnamon)(2)320

作ったあとみんなで写真を撮りながら、見ていたひとが
「ベジさん、ぬいぐるみの家になるとは思ってなかったでしょう」
と言っていましたが、実はぬいぐるみ、けっこう好きです(笑)。

八ヶ岳にて。


関係するテーマの過去記事
みんなで作るフォレストアート、力作です
いろいろな素材で作る家
夢中で作り、形になる思い出
小さい子供だって楽しい
先生だって楽しい
大人だって楽しい
女の子だって傑作つくります
ライト兄弟ではないけれど
男の子が好きなもの
夏休みは木の上で
ツリーテラス先行公開その2
関連記事

美しいチョウのクラフトがとても素敵です

tetsuoartgallery120815 0055(craftchou)320

以前に作ったチョウのクラフト()を見本にしたもの。
作ったのは小学校低学年の男の子、なかなかうまく作ってあります。

僕は別の場所にいて作業を見てあげていなかったのですが、見本を真似て見よう見まねで作れるというのはなかなか素晴らしく、楽しいできあがりです。

tetsuoartgallery120815 0128(badgekarasuageha)320

そして先の記事のミヤマカラスアゲハ()を一緒に見ていた男の子、美しいチョウをそのままにペンダントにしました。

色合いが絶妙です。
その美しさの再現に、自然の中での貴重な体験の感動が伝わってくるようで、こちらもあらためて自然にもクラフトにも感動します。


関係するテーマの過去記事
シカとたわむれるちょうちょ
ミヤマカラスアゲハの美しさ
あまり注目されない品物
関連記事

ミヤマカラスアゲハの美しさ

tetsuoartgallery120815 0121(miyamakarasuageha)320

ミヤマカラスアゲハ、ためいきが出るような美しさです。

このチョウはあまりとまらず、とまっても人間の気配ですぐに逃げてしまうためなかなかよく見ることができません。

捕獲はできなくてもせめて写真を撮りたいと思っていましたが、思いがけず捕獲に成功。

しかし間近でみる現物は写真では表現しえない美しさ。
現物を見た感動とそれをお伝えできない残念さと、それほど美しいです。

tetsuoartgallery120815 0125(miyamakarasuageha)320

というか、なぜこういう色、こういう光沢になるのでしょう?

気持ちの謎を深めてしまうほど、そしていつまでも見あきない美しさです。

野辺山高原八ヶ岳にて。


関係するテーマの過去記事
深山(みやま)にいるミヤマクワガタ
オオスズメバチが巨大です
八ヶ岳の川で遊び、サンショウウオと遊ぶ
蛾、自らの演出は自然にはない光景
淡々と流れゆく生命の循環
手にとまる生き物
知ること、親しむこと
セミが羽化をする
その美しさに言葉をなくすけれど
美しくたくましい自然の中で
ただ嬉しいのです
セミ、大音量
関連記事

星を見ようとしているけれど雰囲気が楽しすぎて

tetsuoartgallery120814 0143(hoshiwomiru)320

以前も記事にしたことがある、キャンプファイヤー場に寝転がって星を見る体験。

そのまま朝まで寝てもOKです。

けれどそんなわくわく体験はわくわくしすぎて、なんだか静かに星を見るというより楽しみエキサイトになってしまっています。

とくに男の子たち、ごちゃごちゃをきわめています。

無理もないです、楽しいですから(笑)。


関係するテーマの過去記事
星空に眠る、1年ぶり
星空に眠り朝日に目覚める
関連記事

お父さんだって楽しい

tetsuoartgallery120814 0007(otousancraft)320

ちらっと写っているお嬢さんたちは作品を作り終えてひとやすみ。

けれどお父さんたちはまだまだ制作続行中です。

いつも子供たちはお父さんお母さんをそっちのけで作っていますが、大人も楽しくなってくると子供たちをほったらかしてもくもくと作っています(笑)。

いい時間だねえ、家じゃできないねえ、とみんないいながら、ここにくると大人も子供も、男の子も女の子も、みんなで夏休みの工作を楽しみます。


関係するテーマの過去記事
夏休みのイベント、クラフト体験
夢中で作り、形になる思い出
小さい子供だって楽しい
先生だって楽しい
大人だって楽しい
女の子だって傑作つくります
関連記事

いろんな人が友達になる八ヶ岳の夏休み

tetsuoartgallery120812 0032(suikawari)240

このスイカ割り、1団体ではないんです。

スイカ割りを始めると子供たちが集まって大人たちが集まって、スイカの持ち主もどうぞどうぞと誘って、いろんなお客さんが集まって楽しそうです。

tetsuoartgallery120812 0021(craft)240

そしてよく記事になるなんでもありクラフト。

あいかわらず非公式ですが、お客さんもここでそういうことができると知っていて、すごいの作るぞ!と、もうみんなその気で集まってます。

非公式なのに(笑)。

tetsuoartgallery120814 0118(campfire)320

そして夜はキャンプファイヤー。
大人も子供もみんなで夏休みの夜を楽しみます。

終了すると僕らのところに笑顔でお礼に来てくれる親子や、「ベジさん乾杯しましょう!」とビールを持ってかけつける大人も(笑)。

みなさんありがとうございます。

先日、イベント日程を知らずにキャンプファイヤーがない日に来て残念がっていたお客さんがいました。
僕も残念です。

また、事務所の方のお話では今年はキャンプファイヤーの日程のお問い合わせが多かったそうです。

みんなの楽しみのお役に立てるのをこちらも楽しく光栄に思っています。

八ヶ岳にて。


関係するテーマの過去記事
幻想的で美しいキャンドルの炎
キャンプファイヤー、満月を迎えながら
夏休みならではのキャンプファイヤー
夏休みの夜といえば
思い思いに夏休み最後の夜
みんなの夏休みの夜
八ヶ岳のキャンプ場の夏休み

関連記事

自然を感じるともっと開けていく世界

tetsuoartgallery120809 0015(drumcanburo)320

この3泊4日のキャンプはおおまかで自由な時間が多いです。

川で遊び、ドラム缶の風呂に入り、汗をかいて遊んだらまた風呂に入り、遊びも激しく遊び倒すもゆっくりおだやかに過ごすも自由。

自然の中に出れば、自然が遊ばせてくれ、自然が休ませてくれ、自然がすべてを体験させてくれます。

野外体験をいろいろしているとあれもこれもになってしまいやすものです。
けれど、もっと自然の力にゆだねることをみんなで知ることができたらいいなと思います。

もっともっと人間が力を抜いて、もっともっと自然から与えられるものを感じられれば、もっともっと違う世界が開けていく、そんなことを感じます。

長野県野辺山高原にて。
関連記事

海がもたらす感覚、自然に還る時間

tetsuoartgallery120807 0011(umi)320

海は不思議なもので、泳いでも潜ってもただ眺めても、何か無になるような、自分に還るような感覚になります。
別世界になる高い山の上に行く感覚と、非なるが似ている、そんな感じもします。
どちらもそれぞれに独特の感覚です。

自然とはそういうもの、と言えばそうなのかもしれません。

それでもどちらも、無になり自分に還り自然とつながり、そして何か意識の変わるきっかけになるようなそんな感覚を感じます。

そして言葉にすれば難しいけれど、言葉にならないえもいわれぬ気持ちの良い感覚に浸る時間を過ごします。


関係するテーマの過去記事
海がもたらす感覚
関連記事

自分の手で作るすごいお守り

tetsuoartgallery120804 0131(omamoribadge)320

キャンプ中の森遊びの中で輪切りにした木を使って、宿泊の夜の時間に絵を描きます。

実は非公式クラフトです。
出ました(笑)。

ベジさんバッジがほしいというリクエストに応えつつ、みんなももっといいのを作ってごらん、と時間を作った時のもの。

ここに書かれた「おまもり」という文字、さらに「すごいおまもり」という言葉が印象的です。

大きな森から自分の手で切り採ってきたこの小さな木が、一生に一度しか手に入らない、ほんとうに人生の一大事の感動体験の証しです。

その体験が形になったこの木が今とこれからの自分に大きな勇気をもたらす「すごいちから」を持つものだということを感じずにはいられない、その思いに、こちらのほうがこの「おまもり」の力を感じずにはいられません。

そして笑顔の絵。

ここに描かれたみんなの笑顔は、きっとおまもり以上のおまもりでしょう。

きっと説明できないくらいすごい、ほんとうは本人にしかわからない、でもほんとうはみんなが知っている「ほんとうにすごいちから」があるのだと、僕には強く感じられるのです。

長野県菅平高原にて。


ホーム

関係するテーマの過去記事
夢中で作り、形になる思い出
今しかない想い、その思い出を形にする
ありがとうメッセージも工作で
木を手にする素敵な気持ち
新年と人生の初心
思い出をかたちにする
願いをかなえてくれるもの
みんなでクラフト体験、バッジを作る
関連記事

それぞれにそれぞれの感性がやってくる時間

tetsuoartgallery120802 0098(summercamp)240

この小学生とのキャンプはホテルで2泊、テントで1泊。

ホテル泊は分泊で、小人数で泊まるため時間が許せば予定外に外を散歩する時間もあります。

夕刻の高原の空気は、あまりにも涼やかで心地よく、日々感動体験をしながらのキャンプの中でも夢のような時間に感じられます。

昼間は大騒ぎの男の子が「森の声がする!」と立ち止まって耳を澄ます時間。

大人しかった女の子がのびのびとしながら満面の笑みを夕焼けに赤くする時間。

「夜はこわい」と言っていたはずの子が暮れゆく景色の美しさに夜を楽しみに思う時間。

わくわくした昨日のことも明日のことも忘れて、今この時しかない、言葉にならないえもいわれぬ思い、目の前の風景だけでない夢のような心象風景をみんなで感じあう時間。

長野県菅平高原にて。




関連記事

カエルにはカエルの人生がある

tetsuoartgallery120801P1160398(kaeru)320.jpg

カエルは穴の中にずっといます。
夜になると灯りに来る虫を食べに出かけます。

昼間はずっと穴の中で過ごしています。
そして夜になると虫を食べに出かけます。

それ以外の時はなにをしているのか、
カエルはいつもずっとここにいます。

どこかで生まれて、どこかでおたまじゃくしの時をすごして、どこかで結婚して、
そしてどこかにいってしまいます。

なにを思って暮らしているのかわからないけれど、
カエルはいつもここで暮らしています。
関連記事

チェーンソーカービング、謎のでかい魚

tetsuoartgallery120801P1160405(chainsawcarving)240.jpg

今年は八ヶ岳の施設内の間伐や伐倒(切り倒し)体験などもあったため、大きな材がたくさんあります()。
で、ちょっとチェーンソーカービング、チェーンソーを使っての彫刻です。

モデルは近くの川で見ることができる天然のイワナ。
作品を見つつ自然の生き物にも目を向けつつ、ということで。

しかしこの大きさ、作業風景はどちらかというとマグロの解体・・・(笑)。

小学生男子はシーラカンスだとか。
ちょっとでかかったか。
イワナなのに。

tetsuoartgallery120731P1160331(chainsawcarving)320.jpg

でもみんなで見るとなると、向きを変えたりいろんなものを載せたり、やっぱりおもちゃ(笑)。
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク