星を想う

tetsuoartgallery110731DSCF2490(someikan)320.jpg

年間を通して星はありつつも、夏の夜は星のことを気にする機会が多いような気がします。
そして夏の夜ならではのイベントがあるところも多いのではないでしょうか。

昼間でも、屋内にいても、なんとなく夜空のことを思うと他の季節にはない、星空に対しての独特の感覚が生まれるような気がします。

見えているTETSUOポストカードの作品は、左から、「コンサート」「きらきらびゅーっ」「星を想う」。

来週末にはペルセウス座流星群極大。

長野県下諏訪町、諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館にて。
関連記事

お祭りは工作も遊びも盛り上がる

tetsuoartgallery110730DSCF2438(event)320.jpg

昨年も参加させて頂いたこのイベント、その終了時からすでに今年の依頼を決めていてくださったそうで、嬉しいことです、今年も工作の先生で参加させていただきました。

tetsuoartgallery110730DSCF2443(event)320.jpg

tetsuoartgallery110730DSCF2454(event)320.jpg

tetsuoartgallery110730DSCF2455(event)320.jpg

私の場合よくあるのですが、工作だけでなくその後の遊びも重んじる(笑)ため、担当の方々といろいろ相談をしながらさらに盛り上げます。

今日の工作はパラシュート、的に降下してお宝をゲットしたりしてみんなで盛り上がります。

最後も先生からあいさつをと振られながらも、最後にみんなでいっせいに投げてみよう、と掛け声をかけてみんなで投げ開かせたりして大歓声。

大騒ぎ好きですねえ(笑)。

長野県長野市にて。


関係するテーマの過去記事:
あれもこれも作って盛り上がる
夏休みはみんなで工作
お祭は工作で盛り上がる
工作で魔法を手の内にする
ひさしぶりの工作もりあがる
新しい1年生も工作で盛り上がる
ひさしぶりに会った自然児みたいなこどもたち

関連記事

ツリーテラス完成に暗雲

tetsuoartgallery110728DSCF2426(noboranaidene)320.jpg

時々記事にしてきたツリーテラス、実は施設を所有する神奈川県藤沢市の教育委員会の現地責任者から制作中止のお達しが来ているのです。

いはく、「人間乗るの?危ないからダメ。シカ()も子供が乗って落ちると危ないからダメ。ハンモック()も乗って落ちると危ないからダメ。それからつるしてある網みたいなの(?)も」。

ほんとうはもっと手すりや補強がつく予定だったのですが、写真で見た目にもほとんど進捗がないのはそんな理由も。

とりあえず現状は注意書き。
しかし注意書きがあれば逆にお客さんからの問い合わせがあって、説明すると笑いながら自己責任でいいですよ、といって楽しむお客さん多し(笑)。

さて、ツリーテラスの今後いかに。


関係するテーマの過去記事:
ツリーテラスで昼寝をするひと
ツリーテラス、キャンプならではの活躍をします
夏休みは木の上で
ツリーテラス先行公開その2
八ヶ岳のキャンプ場の夏休み

関連記事

変な鳥がやってくる

tetsuoartgallery110728DSCF2394(tori)240.jpg

キャンプに来ていた小学生から形が面白い長い枝を見つけてきて、これにとまる鳥を作ってほしいというリクエストをもらいました。

が、材をさがしているうちに材の形の面白さにつられて出来上がったのは木にとまれそうもない奇妙な鳥・・・。

変なやつキミはいったい何者だ?

しかしその後、見た方々から、かわいい!とかワシみたいでかっこいい!とかルックス(?)に関して好評を頂きました。

鳥さん、ス、スイマセン・・・。


追記(2011年9月17日)
この「長い枝にとまる鳥のリクエスト」は結局こう()なりました。
リクエストをしてくれたあなた、それを見て楽しみにしてくれたみなさん、おそくなってごめんね。
(2011年8月28日の記事
関連記事

去年から引き続き活躍中

tetsuoartgallery110726DSCF2220(hikoukikabutomushi)320.jpg

tetsuoartgallery110727DSCF2271(messageboard)320.jpg

tetsuoartgallery110725DSCF2020(shika)320.jpg

tetsuoartgallery110728DSCF2335(vejisanstamp)320.jpg

今年はまだあまりキャンプ場で物作りはしてないのですが、去年またはその前からのものが引き続き活躍してます。

上から、作品や見本の一部、メッセージボード、シカ、そしてベジさんバッジやベジさんスタンプ。

それにしても飛行機やカブトムシや、飛ぶものをみんな重ねたり、バッジの穴に花をさしたり、どれもおもちゃ感の強い遊ばれ方をしています(笑)。

ええ、私が作りましたのでそうなることも多い品物ばかりです。

みんな楽しんでいってね。

八ヶ岳にて。


関係するテーマの過去記事:
シカにはやっぱり乗ってみたい
高原の風を感じてお出迎え
メッセージボード活躍中
みんなのなかでの制作風景
ベジさんスタンプはとうとう(その2)
クワガタも負けてはいない
必須はカブトムシ
関連記事

輝く表情を伝えたいと思いつつも

tetsuoartgallery110726DSCF2205(asobuhuukei)320.jpg

いろいろなところで自然体験活動や工作やクラフト制作体験などがあります。
そして素敵で楽しい光景も場面もたくさんあり、さらに人の数だけ素敵な笑顔や輝く表情がたくさんあります。

が、写真について、このところは個人の写る写らないに制限や要望があったり、また撮影そのものが不可の場所もあります。

こちらの撮影や掲載写真についても、撮影なし、許可申請、撮影規定により、または制限がない場所でも自主的な配慮として個人が特定されない程度の人物描写や、その場の事実を撮影しつつもイメージや風景に近い写真の範囲としています。

輝きに満ちたみんなの表情をお伝えできる写真が公開できないのを残念に思いつつ、写真では伝えられないくらい楽しい活動の現場にいられることを嬉しく思っています。

今日もみんなめいっぱい活躍しています。
関連記事

ツリーテラスで昼寝をするひと

tetsuoartgallery110726DSCF2159(hirune)240.jpg

tetsuoartgallery110726DSCF2169(hirune)240.jpg

大人はある意味子供たち以上に好き勝手やってます(笑)。

実際、3本の木の下なのでしっかりと木陰になっていて、さらに去年この木にプロペラをつけた()のですが、その理由が敷地の中でこの場所がいちばん風の通りが良いからで、木の上とはいえ快適さでは施設内でいちばんかもしれません。

このひとも敷物からなにから準備万端でしっかり寝るつもりで上がっています。

みなさんも心地よい高原の夏のひとときを。

八ヶ岳にて。


関係するテーマの過去記事:
ツリーテラス、キャンプならではの活躍をします
夏休みは木の上で
ツリーテラス先行公開その2
一年越しのプロダクト
関連記事

ありがとうメッセージも工作で

tetsuoartgallery110726DSCF2122(arigatou)240.jpg

滞在のキャンプ場にお客さんとしてきた子供たちに工作の材料をあげたり作り方を教えてあげても、作業も作品もできあがるまで見せてくれないことがあります。

そして出来上がると、僕らへのお礼や楽しかった思い出のメッセージが現れます。

楽しかった工作とともに、工作で楽しかった思い出を形にできて、伝えてもらった僕らも何か独特の実感がありますね。

こちらこそありがとう。
夏休みの思い出に楽しさを添えることができたら僕も嬉しく思っています。

八ヶ岳にて。
関連記事

ツリーテラス、キャンプならではの活躍をします

tetsuoartgallery110725DSCF1999(treeterrace)240.jpg

tetsuoartgallery110725DSCF2002(shikake-treeterrace)240.jpg

大人がけっこうのぼっていますね。

この方々、小学生の団体の引率の方ですが、今夜のキャンプファイヤーの演出の仕掛けをするための足場にしています。

気をつけて、と声をかけあいつつ、なかなか楽しそうです。

注目はキャンプファイヤーのあっと驚く火の仕掛け。
ツリーテラスはそのための「縁の下の力持ち」としても活躍しています。

それにしても縁の下、高すぎ(笑)。


関係するテーマの過去記事:
夏休みは木の上で
ツリーテラス先行公開その2
一年越しのプロダクト
関連記事

夢中で作り、形になる思い出

tetsuoartgallery110725DSCF2008(craft)320.jpg

tetsuoartgallery110725DSCF1977(nokogiri)320.jpg

tetsuoartgallery110725DSCF1974(badge)320.jpg

滞在管理しているキャンプ場、子供たちの団体が来ると大賑わいです。

僕らの自由サービスの物作りの場所もひまさえあればみんなでいろんなものを作り、思い出として持ってかえります。

小さな子から、小学校はどの学年も、そして子供をそっちのけでずーっと作っている大人、引率の方なのに子供をほっといて大丈夫なんだろうかとこちらが心配するくらい一生懸命の方もいます。

出来上がりはみんな素晴らしい♪
ミズナラやシラカバの名前は知らなくてもそれとわかる木や、山で印象的な霧雨や夕立や空気の冷涼感まで伝わってきそうな作品は、作品の素晴らしさだけでなく、それを生みだす素敵な体験をみんなしたのだなあと、そんな作品を見るたびに楽しくなります。

八ヶ岳にて。
関連記事

夏休みの夜といえば

tetsuoartgallery110724DSCF1933(campfire)320.jpg

八ヶ岳での活動ではキャンプファイヤーなどもあります。

夏休みはいろいろな団体が来ていろいろなキャンプファイヤーをし、またこちらもお客さんからの依頼でいろいろなキャンプファイヤーをします。

僕らは日常のように森の中にいて、日常のようにキャンプファイヤーをしているけれど、それでもそのつどそのつど、みんなの一度しかない今夜のために、来たひとたちの一生の思い出のために、毎日一生に一回の思いでできるかぎりのお手伝いをしたいと思っています。

八ヶ岳は長野県野辺山高原にて。
関連記事

本物のクマの存在を感じる

tetsuoartgallery110721DSCF1749(shinanoki)240.jpg

tetsuoartgallery110721DSCF1756(kumanotsumeato)240.jpg

NPOの活動、ネイチャートレイルの引率では森の話題は尽きず、子供たちが興味を持てば時間が全然足りません。
森の中の巨木や図鑑でしか見たことがない動植物、街から来た子供たちは誰もが知っていても実際の存在はまったく知り得ないクマなどの大動物の痕跡をみて興奮したりします。

クマが木に登った時のツメあとや、クマがどんぐりを食べたあとに出来る木の上のクマ棚などを見ると、みんなクマの存在の現実感とその森に自分たちがいることへの緊張と興奮とが入り混じった表情で、活動も熱を帯びます。

そんな、にわかに注意深くなっている子供たち、子供も先生も誰も活動の成果に書かないけれど、その感覚こそが意識して感じてほしい大事な意味なんだと僕は思っています。

長野県菅平高原にて。
関連記事

自然と友達になるクラフト

tetsuoartgallery110720DSCF1705(kagoami)320.jpg

NPOの野外活動への参加ではいろいろな学校や団体にクラフトを教えたりもします。
大勢になると材料はまったくの天然ではなく「自然素材のもの」という品物になりますが、そのぶん作りやすい材料をたくさんの子供たちに提供することができ、そこからたくさんの子供たちに自然への興味を持ってもらうことができます。

ほとんど授業に近い形で2時間くらいのクラフト教室ですが、作るだけでなく、出来上がり品からの自然への興味だけでなく、泊まりの野外活動での楽しかった思い出や、またそこから次はもっといろいろな自然に接してみたい、そんな気持ちをもってもらえたら、と作業もあいさつも、心からそう思いながら活動します。

群馬県嬬恋村にて。

関連記事

夏休みは木の上で

tetsuoartgallery110718DSCF1629(treeterrace)320.jpg

まだよくわかってなさそうな年齢なんですが、でもけっこう喜んでるみたいです。
というか、パパが子供を上にのせて、ママも下からあっちを向きこっちを向きしながら写真を撮り放題、おばあちゃんも孫より興奮している感じです。

tetsuoartgallery110718DSCF1663(treeterrace)320.jpg

そして興味の高揚感だけでなく、ただ木の上からの景色を眺めながらのゆっくりとした時間を過ごしている子供や大人を見ると、心配しながらも作者は邪魔をせずに、今しかない夏休みの永遠の一瞬をこころゆくまで過ごしてもらえたらいいなと思うのです。

八ヶ岳にて。


関係するテーマの過去記事:
ツリーテラス先行公開その2
一年越しのプロダクト
関連記事

ツリーテラス先行公開その2

tetsuoartgallery110717DSCF1566(treeterrace)320.jpg

まだ手すりもハシゴもないのですが、とりあえず雰囲気的にそれらしく形になればお客さんに夏休みの森で遊ぶような気持ちを盛り上げていただくことはできるかなと思う段階です。

のぼることはできますが、とりあえずはまだ雰囲気的なものということで。

tetsuoartgallery110717DSCF1592(treeterrace)320.jpg

が、夕方からお客さんが来るとみんな興味深々、その後みんなして昇ってしまうことに。
とりあえずまだ未完成なんで・・、試し乗りで気をつけて自己責任ですよ、ということで。
なんですが、試し乗り、多すぎ(笑)。

tetsuoartgallery110717DSCF1601(treeterrace)240.jpg

みんなで乗り放題と同時に、上でひとり宴会をしている人も(笑)。
「超最高♪」だったそうです。
あ、ありがとうございます・・。

公開直後から作者の心配をよそにみなさん大いに楽しんでいただきありがとうございます。

この方は野外活動を一緒にする方ですが、このあと一晩ここで寝ていました。
ちなみに木の下にキツネが来てその鳴き声で夜中に起こされたそうです。

あれもこれもそれも、夏休みの森の楽しみ。


関係するテーマの過去記事:
一年越しのプロダクト
山からの来客
関連記事

あまり注目されない品物

tetsuoartgallery110715DSCF1433(hariganenochou)240.jpg

クラフトものをブログに写真はUPしながら作品として並べないのは、ちょっとしたお遊び的気分が大きいからという感じからなのですが、ほんとうにブログにも上げないようなものの中にはこうしたほんとにちょっとしたものからできているものもあります。

薪(まき)を束ねている針金のタガですが、再利用かまたは錆びたり切れたりすればゴミ、というもので散らかしたまま忘れるお客さんなど、まったく目に入っていない方も多くいます。

だからというわけではないのですが、捨てられる前の、もうひと舞い。
関連記事

カブトムシとともに森でお仕事

tetsuoartgallery110713DSCF1386(kabutomushi)320.jpg

また今年も夏休み期間の八ヶ岳の宿泊施設に滞在(お仕事ですよ)が決まり、日々森の中にいます。

このカブトムシは実物と比べ長さ幅で2倍くらいあります。
端材を使っていますが、いつのまにか現れる感じです。
大きいので野外のテーブルにて印刷物が風で飛ばないよう重しになって仕事をしてくれます。

が「かわいい!」と言うお客さんの手の上で遊んでいる間に風が吹いたり・・・。
ちゃんとお仕事をしてください。
と、カブトムシと作者がつっこみ合うような。
関連記事

手にとまる生き物

tetsuoartgallery110610DSCF9871(abu)240.jpg
アブ。
人間の汗をなめに結構よくやってきます。

tetsuoartgallery110712DSCF1292(hyoumonchou)240.jpg
ヒョウモンチョウの種類、理由はアブと同じく。
頭にとまったりすることもあり、リボンのようです。
別に私に似合うわけではないですが(笑)。

tetsuoartgallery110712DSCF1327(nihontokage)240.jpg
痛いよおう(ToT)
ニホントカゲ、目がマジです(笑)。
けっこういっしょうけんめいな感じです。

まあどれも人間になついているわけではないですが。
その他にもヤマトヤブカの吸血中なんてのもありますが、またの機会に。
ほんとにあぶないものは注意しましょうね。


関係するテーマの記事
淡々と流れゆく生命の循環
セミが羽化をする
知ること、親しむこと
その美しさに言葉をなくすけれど
ただ嬉しいのです
セミ、大音量
関連記事

登山者に語りかけてくれるもの

tetsuoartgallery110706P1100237(hakusanichige)320.jpg

tetsuoartgallery110707P1100353(raichou)320.jpg

tetsuoartgallery110707P1100377(suiteki)320.jpg

tetsuoartgallery110706P1100282(tori)320.jpg

tetsuoartgallery110707P1100392(suiteki)320.jpg

tetsuoartgallery110707P1100425(gezan)240.jpg

前記事、宿泊した北岳山荘はルートから言うと山頂の向こう側にあり、帰り道は再び北岳山頂3193mを超えてこなければなりません。

悪天候の中、下山完了までを考えるとそこのところが少々面倒な思いを持っていましたが、実際にはその時間が一番楽しかったように感じています。

雨での登攀(とうはん)は急な岩肌と向き合いながら黙々と登るだけではなく、その岩の間からたくさんの花々や生き物が現れます。

僕らが歯を食いしばって行くような悪天候の岩肌に、その花たちは風雨にさらされながらあたりまえのように美しくたくましく咲き、見つけるそのたびそのたび美しすぎて、それは癒されるというようなやさしいものではなく、僕はもうそれだけで顔がほころび声を出して笑ってしまうくらい嬉しく楽しいのです。


関係するテーマの記事:
日本第2峰・北岳3193m
日本第4峰・間ノ岳3189m
関連記事

日本第4峰・間ノ岳3189m

tetsuoartgallery110707P1100316(ainodake)240.jpg

北岳山荘から朝ご飯前に縦走して日本第4峰の間ノ岳(あいのだけ)3189m。
悪天候をついて短時間で頂上をかすめ取ってきた感じの行程。

tetsuoartgallery110707P1100327(ainodakesekkei)320.jpg

雪渓もあり、けっこう寒いです。
尾根に吹き上げる雨でカメラがちょっと不調に・・・。

霧以外何も見えず黙々と歩きました。
みんな慣れているせいか悪天候でもテンションは静かに高く。
山は精神にも良し、肉体にも良し、というところでしょうか。


関係するテーマの記事:
日本第2峰・北岳3193m
登山者に語りかけてくれるもの
関連記事

日本第2峰・北岳3193m

tetsuoartgallery110706P1100115(kitadake)320.jpg

tetsuoartgallery110706P1100226(sanchouhyouji)320.jpg

日本第2の高峰、南アルプスは北岳3193m。
登ってきました。

tetsuoartgallery110706P1100180(kitadake)320.jpg

tetsuoartgallery110706P1100188(enbou)320.jpg

春夏は学校行事などの同行で小中学生と日帰り登山が多いのですが、今回は大人だけのグループで山小屋一泊。
また活動地域のひとつの八ヶ岳山麓からはいつもこの北岳が見えるのですが自分の登頂は初です。

tetsuoartgallery110706P1100185(miageru)240.jpg

tetsuoartgallery110706P1100271(hashigo)240.jpg

今回は仲間とともに山の話や自然の話やいつも接する子供たちのことや、いろんな話をしながらの登山。
いつものようでいつもとは違うやりとりや山での感動を共有しながら、また山の上の別世界の超感覚が同時にある、なかなかハイな気分の3193m到達です。


関係するテーマの記事:
日本第4峰・間ノ岳3189m
登山者に語りかけてくれるもの
関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク