思い思いに夏休み最後の夜

tetsuophoto100830 092(fire)320

tetsuophoto100830 097(campfire)320

tetsuophoto100830 094(taiko)320

tetsuophoto100830 105(guitar)320

キャンプ場も夏休みも8月いっぱいまで、最後の夜はどのお客さんもみんなキャンプファイヤーの輪に入って楽しみます。

そしてエールマスターをする僕らもそれぞれにあるものを尽くし、お客さんも仕事の人も、大人も子供も入り混じり、そして夜も遅くまで火を囲み星を見上げ、それぞれに素敵な時間を過ごします。

夏休みが永遠であったらいいなあとそんな気持ちと、終わりゆくからこそ素敵だった夏を想う気持ちと。

八ヶ岳にて。


関連記事:
みんなの夏休みの夜(2010年8月21日)
八ヶ岳のキャンプ場の夏休み(2010年7月19日)

関連記事

風が見える心地よさ

tetsuophoto100830 053(fuukoukei)320

木陰でのんびりすると時間を忘れてしまいます。
何も考えずにぼーっとしながら、なんとなく風を感じて、なんとなく目が行きます。

いつでも風のほうを向いて、いつでもプロペラを回している姿。
飛行機の翼はないけれど、風向計のように風を測ることはできないけれど、いつも風が目に見えるような軽やかなプロペラの回転はとても心地よいです。


関連記事:
高原の風を感じてお出迎え(2010年8月16日)
プロペラ機は飛ぶんです(2010年8月15日)

関連記事

授業中に使ってみましょう

tetsuophoto100829 106(maruta-enpitsu)320

丸太エンピツ、身長くらいあって子供は持てない重さですが、見つけた子には学校でどう?とおすすめします。
たまに大人が「これ書けるのかなあ」と、かついでボードに芯の部分をこすったりしています。

書けません(笑)。

この丸太エンピツができてから、以前作った大きいはずのエンピツ()が「小さい方の」といわれるようになってしまいました・・。


関連記事:
全色そろえたい(2010年7月18日)
シカにはやっぱり乗ってみたい(2010年8月20日)
関連記事

急だけど離陸します

tetsuophoto100829 090(hikouki-karidome)320

自分たちの帰り際になってから、どうしても作りたい!!という子もけっこういます。
せっかくのリクエストなのでお応えします。
そしてお父さんお母さんを待たせながら作りはじめ、こちらも大急ぎでお手伝いします。

完成すれば見本()のような出来上がりを勇んで持ち帰れるのですが、接着剤も乾かないので仮止めのテープをまるで包帯ぐるぐる巻きのようにして大事に持ちかえります。

それでも出来上がれば得意満面。
かっこいい仕上がりのために、接着剤が乾くまでもうちょっとお披露目は我慢してね。

八ヶ岳にて。


関連記事:
工作キット的簡単アイテム(2010年8月3日)
関連記事

オーガニックレストランにて

tetsuophoto100827 111(organicrestaurant)320

オーガニックレストラン、マクロビオティックレストラン、そういうものも特殊なものではなくなりましたね。
何年か前にはまったくその気がなかった知人も玄米食を基本にしていたりします。

一方で自分自身、このところは概ね菜食というくらいでしょうか。
体が資本の野外活動をしつつ、そして自然の中で活動をしていつつもキャンプや泊まり込みが多いと食生活は偏りがちだなあと最近はちょっと感じています。

久しぶりにオーガニックレストランにやってきました。
そしてゆっくりと食事をするのが好きな僕は誰を気にすることもなく好きなだけオーダーしてランチタイムが終わるまでくつろぎます。

かつてこういうコンセプトのものには、食事から畑から循環型社会についての活動まで、さまざまな形でかかわりましたが、今は逆に生産とは少し遠い生活や活動をしつつ、こういったきちんとしたコンセプトの場所で食事ができる機会を嬉しく感じたりしています。

長野県安曇野市、シャロムヒュッテ内レストランにて。


関連記事:
本はあまり読みません(2009年6月29日)
畑とマクロビオティックレストランと天使の話(2009年6月29日)
かつてみんなでイベントしながら作った畑(2008年7月14日)
小学校で給食が提供されていないのです(2009年1月16日)
関連記事

尽きるまで遊んだ夜

tetsuophoto100824 179(campfire)320

先の記事でツリーハウスを作った子供たちの夜。

このキャンプファイヤーは用意された薪(まき)を一切使わず、すべて自分たちが森の中で集めた木が使われています。
これだけ自分たちで作り上げられるのは理想ですね。

このキャンプの日程は10泊11日。
一日一日が大活躍で11日間、体力も尽きるまで、この世の終わりのように遊んだら、次の日からは新しい人生が開けるのかもしれません。

10泊でも1泊でも日帰りでも、そんな体験がたくさんの子供たちにあるといいなと思います。
そして僕もそんな時間を作る力になれたらと思っています。

長野県菅平高原にて。


関係するテーマの記事:
寝食をともにするキャンプの楽しさ
森の家、地上3階から地下1階まで
また森の中で遊んでます
仲間としての子供たち
サマーキャンプでの子供の日記より
サマーキャンプin信州にて
関連記事

森の家、地上3階から地下1階まで

tetsuophoto100824 085(treehouse)240

なんと地上3階のツリーハウス。
小学生のキャンプ、しかも女の子のグループが作っています。

tetsuophoto100824 023(treehouse)240

tetsuophoto100824 140(treehouse)240

上に立つと足がふわりとするくらい高いです。
でも子供たちは身軽。
安全さえ確保してあげれば高いところでもどんどん作っていきます。


tetsuophoto100824 066(treehouse-green)320

そしてこちらは細部にアイデアと職人肌とも言える緻密な作業が光る頑丈かつ豪華(?)なグリーンのハウス。
緑の壁とその内部には緑のじゅうたんが敷いてあり、本気でリラックスします。
今夜はここで泊まりたいなあ、とけっこう本気の感想。


tetsuophoto100824 055(treehouse-tunnel)240

tetsuophoto100824 099(treehouse-tunnel)240

そしてこちらも驚きの地上1階地下1階。
緑のテント状の地上部の出来も素晴らしいながら、なんと手前の穴から奥の地上部まで2メートルあまりを貫通しています。

ええ、ちゃんともぐってきましたよ、土だらけになりながら。
みんなの活躍を身をもって体験してきました。

そして自分たちで作った緑の部屋で語らい、自分たちが作った樹上の家でお弁当を食べて、素晴らしすぎて本気でうらやましい。

子供たちの創造性と行動力は各所で大人を本気で感動させます。

長野県菅平高原にて。


関係するテーマの記事:
寝食をともにするキャンプの楽しさ
尽きるまで遊んだ夜
また森の中で遊んでます
サマーキャンプでの子供の日記より
サマーキャンプin信州にて
関連記事

実用目的でもようこそ

tetsuophoto100822 059(youkosoyatsugatakehe)320

実は実用目的で、お客さんがチェックインせずにキャンプ場に来てしまったり予約場所でない炊事場を使ったりしてしまうことのないよう注意を促す案内板。

絵はまあ目をとめてもらうためのもの、ボードとイーゼル風の脚も美観を損ねないための演出アイテムということで。

それでもごあいさつのウェルカム、ようこそ八ヶ岳へ。


関連記事:
高原の風を感じてお出迎え(2010年8月16日)
実用的な物も作ります(2010年8月14日)
関連記事

みんなの夏休みの夜

tetsuophoto100821 219(ippanfire)320

夏休み中は一般のお客さんを対象にしたキャンプファイヤーも催されており、僕もエールマスターなどをしたりしています。

この夜は、かつて学校行事で僕らと同じ仕事をしていた人たち、公民館や文化センターで来た人たち、学校の先生、一般のお客さん、幼稚園生小学生中学生、そして10年前小学校の時にここに来ましたという青年などなど、さまざまな人たちが集まって、まるでお祭りのよう。

キャンプファイヤーはみんなが友達になります。
翌朝には昨日まで知らなかった人たちが笑顔であいさつをしたりします。

これまでの記事にもあるような、僕らが提供しているものが実は無料自主的サービスがほとんどで、それであるがゆえに、お客さんが楽しめるものを惜しみなく提供できることをとてもうれしく光栄に思っています。

八ヶ岳にて。


関連記事:
八ヶ岳のキャンプ場の夏休み(2010年7月19日)

関連記事

ドリームキャッチャーはやっぱり

tetsuophoto100821 179(dreamcatcher)320

このドリームキャッチャーはやっぱりこうやって遊ぶのが正しいのかもしれません。
この子は高さ的に乗れないものの、ぐいぐい引っ張ってますが・・・。
子供からすれば不思議で変でいじってみたくなる物体でしょう、やはり。

いいですよ、心地よい夏の高原の夕暮れの時間とともに、楽しい思い出を作っていってね。


関連記事:
ドリームキャッチャーの中にて(2010年8月15日)
ドリームキャッチャーはとうとう(2010年8月8日)
みんなのためにいい夢を(2010年8月5日)
関連記事

天文学も星座も神様も

tetsuophoto100821 074(nobeyamatenmondai)320

国立天文台野辺山の特別公開日。

八ヶ岳野辺山高原で野外活動をしていると、この周辺でウォークラリーをしたり隣接の広場でお弁当を食べたりしますが、直径45メートル、ミリ波観測の電波望遠鏡としては世界最大というこの望遠鏡の中まで入るのは初めてです。

巨大です。
写っている人間が見えないくらいに。

しかし、専門用語山盛りの解説も、内部の端子とコードの藪のような機械類も正直なところ、???・・・。

tetsuophoto100821 052(nobeyamatenmondai)320

興味深かったのは、ある観測機械室の内部を撮影した2枚目の写真、右上のほうに写っているお札(おふだ)。

日本ではどんなハイテクビル建設にも地鎮祭を欠かさず、神棚を置いたり祠(ほこら)を設置したり、あるいは敷地に鬼門封じを作ったりするのはとても興味深いですが、この天文学の最先端ともいうべき場所でも人知を超えたところに意識が向くのは親しみと敬意を感じます。

この日となりのホールでプラネタリウムも見学しました。
天文学の最先端技術も、星座の物語も、身近でかつ大きな存在である日本の神様も、知れば知るほどつながりを持つような思いがします。

そしてその思いを一番強くするのが、実際の星空。
望遠鏡設置の理由でもある、八ヶ岳野辺山高原の標高の高さと澄んだ空気に、星座が埋もれるほどの満天の星空を眺められます。


関連記事:
えびす講は宵えびすの縁起物市にて
ハロウィンはみんなのたのしみ
フィールドワーク巡礼―ハラカラ地で体感するハラカラ智―
星空のこと(TETSUO ART GALLERY記事2004年6月)


関連記事

ダックコール

tetsuophoto100821 006(duckcall)320

これは室内での工作などでもするストロー笛ですが、森の素材を使うとまた違った楽しみが生まれます。
先日子供たちと本体を大きなもので作ったところ、今年サッカーのW杯で話題になったブブゼラだと言って吹きまくっていました。
下に敷いてあるのは付属品ではなく丸太のスライスです。


関係するテーマの記事:
にぎやかなことが好きなあなたに
音がする工作、カスタネット
関連記事

すごいやつ

tetsuophoto100820 071(unicornpegasus)320

持っている女の子が制作、シカと思ったらユニコーンとペガサスの合体?
見本はあってもみんなのアイデアはたくさん。
何かでない何かが生まれてくるのはとても素敵です。


関連記事:
男の子が好きなもの(2010年8月12日)
女の子だって傑作つくります(2010年8月11日)
ライト兄弟ではないけれど(2010年8月4日)
関連記事

シカにはやっぱり乗ってみたい

tetsuophoto100820 031(shika)320

大きいものは作る場所がないので机のある工作の場所からは離れたところで作業をしていたのですが、目ざとく見つけられてしまいました。
そしてまだ出来上がっていないからと言っているのに、しかも二人乗り。

tetsuophoto100820 048(shika)320

完成、と同時に待ち構えていた女の子はあっという間にまたがってご満悦。
離れて見ていた女の子も自分も乗ろうと猛ダッシュで駆けてきます。

この後ほかの子供たちもみんなで乗り放題。
どの作品もみんなこわれるほど遊び放題ですが、シカさん、どうか頑張ってください・・・。


関連記事:
ドリームキャッチャーはとうとう(2010年8月8日)
幸運を呼ぶ龍(2010年8月5日)
シカの長椅子(2010年7月17日)
シカにも会いたい(2010年7月16日)
関連記事

小さい子供だって楽しい

tetsuophoto100816 014(sainenshou)320

自分で作品を作れるお客さんの中ではおそらく最年少でしょうか。
時々記事になっているここでのクラフト体験、対象は老若男女どなたでもOKです。
なんといっても心はいつも遊びですから。


関連記事:
先生だって楽しい(2010年8月16日)
大人だって楽しい(2010年8月10日)
女の子だって傑作つくります(2010年8月11日)
八ヶ岳のキャンプ場の夏休み(2010年7月19日)
遊びでもクラフト教室(2010年7月17日)

関連記事

先生だって楽しい

tetsuophoto100816 013(senseinoisu)320

大人だけのご家族のお客さんがクラフトをしたいとのことで、それぞれにいろんな作品を作っていってくれました。

写真の椅子を作った若い女性の方、お話を聞いてみると先生だそうです。
それじゃあいつか担任の先生としてまた八ヶ岳に来るときがありますね、といった話をしつつ。

ここにいると時々学校行事でお会いした先生がご家族と来て僕らと再会ということもあります。

自然の中で率先して楽しい体験をした先生がまた生徒児童のみんなと野外活動をしに来るというのはとても楽しみですね。

八ヶ岳にて。


関連記事:
大人だって楽しい(2010年8月10日)
女の子だって傑作つくります(2010年8月11日)
関連記事

ドリームキャッチャーの中にて

tetsuophoto100815 099(dreamcatcher)240

先日壊れてしまったドリームキャッチャーを繕いなおしています。
というかけっこう激しく壊れたので実際には作りなおしなんですが。

今は空き時間の、これからお客さんがやってくる広いキャンプファイヤー場、後方にはテントサイト。

ドリームキャッチャーのクモの巣の中にいるのは不思議で楽しい気分です。

良い夢のこと。
楽しいキャンプを楽しんでいく人たちのこと。
糸が作る図形に大きさと重量ゆえの誤差を補正する計算のこと。
計算よりもひらめきとイメージが優先してしまうこと。
森の材が教えてくれる出来上がりが楽しいこと。
作品が壊れるほど遊ぶ子供たちのもっと楽しいこと。

八ヶ岳にて。


関連記事:
ドリームキャッチャーはとうとう(2010年8月8日)
みんなのためにいい夢を(2010年8月5日)
幸運を呼ぶ龍(2010年8月5日)
願いをかなえてくれるもの(2010年7月9日)
関連記事

一応オブジェなんですが

tetsuophoto100815 033(soccerball)320

作る楽しさと遊ぶ楽しさ、ここに来るたくさんの人に、クラフトをする人にもしない人にもみんなに楽しんでいただきたいと思っています。

なんですが、置いてあるとどれでもみんな遊びの対象になってしまいます。

このサッカーボールは接着剤がまだ乾燥する前から遊ばれてしまい、形が少々歪んだまま固着してしまった、ちょっとかわいそうな一品。
そして固着し完成した後も、作品の中で唯一、小さい子供に投げて遊ばれてしまいつつ、傷つきながらもそれに応えるけなげな作品。

もちろん木でできています。
ヘディングはしないでね。
関連記事

プロペラ機は飛ぶんです

tetsuophoto100815 006(fukuyouki-propeller)320

飛行機が何機も作られるのは単に好みです。
特に複葉機の、人間も機械も自力で一所懸命で飛んでいるという感じのアナログ感が好きです。
今回この垂直尾翼はこういう形の木端があって、それがかっこよくてそれに引っ張られて作りたくなってしまいました。


tetsuophoto100815 009(fukuyouki-propeller)320

でももうひとつの目的はプロペラが自分で回ること。
どの飛行機もプロペラだけは回るように作ってありますが、これは見る人が手で回さなくても風で回るのを眺めることができます。

心地良い高原の風にも、変わりやすい山の天気の風雨にも、いつも楽しげに回ります。
ええ、飛ぶんです。


関連記事:
材料は森の中に
工作キット的簡単アイテム
作品が学校へお土産になるそうです
関連記事

木の質感

tetsuophoto100813 038(tamago)320

木は材になってむしろ木の風合いを感じることが多いです。
様々な形に加工をすると、また違った感覚を伴って人に働きかけます。

丸くすべらかな木肌を手におさめると、生えている木や切ったばかりの木とはまた違う、けれどいかにも木の質感というものが手を通して気持ちになじむように感じられます。


関連記事:
卵の中でヒナが鳴いている(2010年8月10日)


関連記事

女の子だって傑作つくります

tetsuophoto100811 001(onnanokononokogiri)320

5月の学校行事で会った女の子、その時はなかなか話ができませんでしたが、こうして夏休みに家族で来るとゆっくりと話をしたりクラフトをやったりと、楽しい時間が過ごせます。
そしてクラフトは女の子だって大技に挑戦、何度もやっているうちに、見る間にのこぎり引きが上手くなります。

tetsuophoto100811 035(onnanokono3rinsha)320

完成品はこちら。
大きな車輪がなかなかかっこいい三輪車と、虹の七色が綺麗な丸太エンピツ。
そのほかにもアクセサリーや小さいエンピツなど、どれも素敵な作品を作っていってくれました。

八ヶ岳にて。


関連記事:
全色そろえたい(2010年7月18日)
遊びでもクラフト教室(2010年7月17日)
森からやって来る三輪車(2010年7月16日)
関連記事

卵の中でヒナが鳴いている

tetsuophoto100810 095(eggbirdcall)320

バードコールも木の種類によって音も風合いも違い、自分たちで作るものはそういう楽しさもあります。
そして変な形に加工してみることで思わず手にとってみたくなり、そして思わず鳴らしてみたくなる、そんな楽しみもあります。


関係するテーマの記事:
卵の中でヒナが鳴くバードコール
バードコール、2つ
バードコール・コレクターズ・アイテム
鳥の鳴き声がする魚
関連記事

メッセージボード活躍中

tetsuophoto100810 051(messageboard)320

おかげさまでこのあいだ作ったメッセージボード()は日々働いています。

というか、こういう楽しみが欲しいと思っていたし、その思い出になる体験をたくさんしてもらえたらいいなと思っているし、その一端になれることが少しでもできたらと思っています。


関連記事:
みんなのなかでの制作風景(2010年8月8日)
八ヶ岳のキャンプ場の夏休み(2010年7月19日)

関連記事

大人だって楽しい

tetsuophoto100810 014(otona)320

クラフトも子供だけが来ているようですが、大人もみんな楽しんでます。

子供がやっているのを見て自分もやってみたくなって、というお母さんも、家族をつれてみんなでやるぞ、のお父さんも、クラフト体験はとても楽しいですね。

最初はバッジやペンダントなどの簡単なものから入りつつ、だんだんいろいろやってみたくなる方も多いです。

今日のお父さんも、ベジさん作ったカブトムシほしいなあ、と子供のように何度もつぶやいているので(笑)、僕もそれにこたえてお父さんが自分のカブトムシができるよう材料をキット風に仕立ててあげます。

お父さんはいくつもの材料を組み合わせてカブトムシがついたルームプレートを作り上げました。

お父さんも自他ともに認める、だれもが子供みたいに楽しい夏休みの工作。


関連記事:
必須はカブトムシ(2010年8月4日)
八ヶ岳のキャンプ場の夏休み(2010年7月19日)
遊びでもクラフト教室(2010年7月17日)

関連記事

神聖な場所を創る人

tetsuophoto100808 120(shinseinabasyo)320

このキャンプファイヤーの数時間前、この日のキャンプの引率の方が、まだ子供たちが来る前のキャンプファイヤー場を非常に綺麗に掃除をしていました。

いわく「大騒ぎをするだけがキャンプファイヤーではない、火の神、火の子といいながらそれに見合わないような楽しみだけをしているのは良いことではない」と。

その言葉どおりの、ほんとうに掃き清めるという言葉があてはまるほどのきちんとした清掃に頭が下がりました。

子供たちに伝えて子供たちもそれを実践したらきっといいだろうという思いと、しかしそれをせずに誰も見ていないところで黙々と広いファイヤー場を掃き清めるこの大人の方の素晴らしさを思う気持ちと。

tetsuophoto100808 100(fireroad)320

そして神聖な場所は人間が作り、その人たちをもって神聖になっていくのだという想いと。

この方も当夜はエールマスターとしてみんなを大きく盛り上げていましたが、盛り上がりだけを求める人ではない方の盛り上げは何か奥底から楽しい。
そしてこの方が火の神火の子を語っても何ら絵空事ではないでしょう。

けっして大騒ぎだけではないこの夜の炎は、人の力が最善を尽くした故に、何か見えない力が本当に素敵な思い出に味方してくれるのだと僕は信じています。

この方は人知れず黙々と掃除をしていたけれど、僕の欲を言えば、こういう方がいることをみんなに知ってほしい。


関連記事:
神の子たちは(2010年6月16日)


関連記事
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク