常設テントも設営、こちらも夏休みが始まります

tetsuoartgallery1807090017I2876(tent)380.jpg

先日はキャンプで子供が設営のためのテントでしたが()、こちらは一般のお客さんのための常設テントです。

八ヶ岳山麓にあるこの野外活動の施設も小中学生の宿泊行事はひと段落して夏休み営業に入ります。

初めて来るお客さん、毎年楽しみに来てくださるお客さん、春に学校で初お泊りして夏休みにお父さんお母さんを連れて来る(?)子たち、いろんなお客さんがいます。

ここに訪れるたくさんの人たちに今年も最高の夏休みがやってきますように。


関係するテーマの過去記事:
八ヶ岳のキャンプ場の夏休みの営業がはじまりました
夏休みのキャンプ場オープン、木のシカを運んでくれるお友達
今年も夏のキャンプ場が始まります
ウエルカムボードになっている「ようこそ八ヶ岳へ」
夏休みの八ヶ岳がはじまります
夏休みはキャンプ場でみなさんをお待ちしています

テント設営のチェック、夏休みのキャンプの準備が始まります

tetsuoartgallery1806290012I2784(tent)400.jpg

夏休みのキャンプの準備です。

8月のキャンプでは子供たちがすべてテントの設営をして、そして泊まったあとは自分たちで撤収をします。
それがスムーズにいくよう今日は大人がテント設営と備品その他のチェックをしています。

実際のキャンプでのテント設営は子供たちみんなでかなりのチャレンジですが、大人がやると1人1基で進行なのにあまりに作業が早くて笑ってしまいます。

準備がしっかり整うと楽しい夏休みがだんだんと近づいてきます。

長野県菅平高原にて。


関係するテーマの過去記事:
眠りたくない楽しい時間、そんな気持ちのまま眠れるキャンプの夜
テントから漏れるランプの光とみんなのわくわく感
雨上がりのテントサイト、ほんのいっときでも自然が心地よい風景
夏のキャンプはご飯もお風呂も泊まりも外でします

野外体験活動の準備、炭窯とピザ窯も稼働します

tetsuoartgallery1804100005I1700(sumigama)320.jpg

体験活動に向けての作業2コマ。
シーズンに向けて炭窯の準備をします。

tetsuoartgallery1804100006I1701(pizzagama)320.jpg

そしてこちらはピザ窯の準備。
いろいろな活動が始まります。


関係するテーマの過去記事:
春からの体験活動の準備、まずは大量の刃物を研ぐ
引率登山に向けて、すべての人が無事であるためにリスクマネジメント講習
イベントの準備中、楽しい季節がどんどんやってきます

春からの体験活動の準備、まずは大量の刃物を研ぐ

tetsuoartgallery1803260003I1609(hamono)320.jpg

グリーンシーズンの野外体験活動の準備が始まっています。
今日は刃物研ぎ。

たくさんの包丁、ナイフ、ナタ、ノコギリなどなど。
研いだり磨いたり刃を交換したりしています。

これからやってくる学校のみんなの体験活動が効率良く作業でき、そして安全な活動のために一本一本丁寧にメンテナンスしています。

まだまだたくさんあります。
けっこうな作業量(笑)。




八ヶ岳に野外活動にやってくる小中学生が住む海の街にて

tetsuoartgallery1709100092I2041(shonan)400.jpg

名にし負う島を望む海辺にて。
寄り道中なのですがなかなか海が心地よくてくてく歩いています。

実はよく記事にする野外活動をする八ヶ岳の施設にやってくる小中学生が住んでいる海の街。
もうちょっと遊んでいきたいけれど用事が済んで帰り道の途中にてざんねん。

といいつつ海風が心地良くちっとも帰れません(笑)。


関係するテーマの過去記事:
海も涼しくなりつつ夕暮れの潮風が心地よい時間
ベジさんと八ヶ岳で出会って菅平高原で再会した話・その2
ベジさんと八ヶ岳で出会って菅平高原で再会した話
風と波音が心を澄ませていく晴れた海
海がもたらす感覚、自然に還る時間
海がもたらす感覚
美しくたくましい自然の中で

どこに行っても野外活動の施設をいつも興味深く見てしまいます

tetsuoartgallery1709090030I1946(firejou2)400.jpg

神奈川県のある野外活動の施設です。
仕事で滞在の八ヶ岳の施設だけでなくいろいろなところで野外活動をしますが、こうした施設というのはいろいろ特徴があっていつも興味深く見てしまいます。

学校活動用の工夫だとか、一般の団体やお客さん用のサービス物品だとか、活動ができる周辺の森だとか、その時の必要な用事だけでなく滞在していろいろ見てみたいといつも思います。

写真は雨でもキャンプファイヤーができる屋根付きキャンプファイヤー場。
外ファイヤーでもなく屋内キャンドルファイヤーでもない、雨音を聞きつつも雨から守られたキャンプファイヤーというのも面白そうです。


関係するテーマの過去記事:
学校の野外活動は浅間山山麓の宿泊施設にて
朝日に照らされた紅葉の森と朝焼けの八ヶ岳
子供たちの財産、自然が保護されている施設の森
雨上がりのテントサイト、ほんのいっときでも自然が心地よい風景
みんなの意気込みが実現させるキャンプの夜のお楽しみ
夏のキャンプはご飯もお風呂も泊まりも外でします
それぞれにそれぞれの感性がやってくる時間
野外活動の施設の玄関前にある紅葉
コワイ思いをしたツリーハウスは今日は登れなかった
学校行事で会ったみんなが夏合宿で来る

引率登山に向けて、すべての人が無事であるためにリスクマネジメント講習

tetsuoartgallery1703060014I7607(riskmanagement)320.jpg

リスクマネジメント講習です。
避難訓練同様、年に数回講習を受けて万一に備えています。
そして学校登山の引率では小中高生の安全を守らなければいけません。

登山の引率をしていると丈夫そうな中高生あるいは大学生でも慣れない山や浮き立つ気持ちゆえ事故やケガもあります。
そんな実際の引率時の事故対応の事例なども活かします。

そして医療なども最新情報は年々更新されるためその都度新しい情報を得る必要があります。

tetsuoartgallery1703140009I7656(riskmanagement)320.jpg

お互いに傷病者役や救護役をしながら実践します。

万一の場合にしっかりと対応できるよう、そして万が一が起きないよう準備をします。
そして有意義な体験活動のために、すべての人が無事でありますよう。


関係するテーマの過去記事:
日々の安全としての救命救急講習
より良い自然体験活動のために、評価会と研修会
自然の感動をもっと理解し価値を深めていくことができたとしたら
登山のリスクマネジメント研修、安全と感動体験のために
一年の野外活動、安全管理総ざらい
安全で有意義な自然体験活動のために
最新の応急・救命救急はすぐに更新される
研修登山、安全と山の感動をみんなに
雪山でも無事であるためにリスクマネジメント講習
無事であるために山岳レスキュー講習

戸隠連山と北アルプスをパノラマに眺める・瑪瑙山より

tetsuoartgallery170301001120170301135016(togakushimenouyama2)460.jpg

先日行った戸隠山麓()からちょっと登って瑪瑙山(めのうやま)1748m山頂。

左奥に北アルプス、右半分に戸隠連山。
広角で撮っているので遠く見えますが実際にはけっこう眼前に見え、スキーでは岩山に突き刺さるかのように滑り下ります。

この場所は標高もそこそこ、またスキー場のリフトでも登れるためあまりメジャーではないですが、なかなかどうして360度パノラマの絶景ポイントです。


関係するテーマの過去記事:
スノーシューで歩き結氷の鏡池湖上に立って眺める戸隠連山
凍りゆく前のステンドグラスの湖水
冬に入る神域、早暁
冬の森の夕刻の雪景色・戸隠山の森
快晴の岩山、雪深い深山の風景・戸隠神社
雪の霊地にて、夕刻
雪の霊地にて
霊地も今は
誰もが行ける深山森林
大気に宿る力

2月なのにもうトナカイがクリスマスを連れてやってくる

tetsuoartgallery1702260005I7554(tonakai)320.jpg

活動参加のNPOの事務所にて、2015年クリスマスベント()に先立って作ったトナカイたち()。
今日ここにお出ましなのは今年のクリスマスのトナカイ作りイベントの打ち合わせがあるからなのです。

もうクリスマスイベントの話、早っっ!
いえいえ、みんなに楽しんでもらうためにいろいろな準備が必要なのです。
広報などの外部の日程の話と同時に、自然木を材料にするため森林整備や材の切り出しなどの日程調整も必要です。

tetsuoartgallery1702260009I7558(tonakai)320.jpg

同時に見本の補修なども手掛けます。
このトナカイは除雪中のアクシデントで壊れてしまっていたのですが、今日修理をして復活。
いよいよ楽しいクリスマスがやってきますよ!(?)


関係するテーマの過去記事:
自然木で作ったトナカイがクリスマスをつれてやって来る
今日の一番小さいトナカイは子供の手のひらサイズ
クリスマスをつれてくるトナカイが先行してやってくる
イベントの準備中、楽しい季節がどんどんやってきます
トナカイがクリスマスをつれてくる

ベジさんと八ヶ岳で出会って菅平高原で再会した話・その3は大人

tetsuoartgallery170201(busanddriver)360.jpg

同じようなタイトルで2回ほど記事にしていますが、今回は仕事の大人の再会の話。

僕の野外活動のフィールドで、ここで記事にされている場所で多いのが八ヶ岳山麓(主に長野県南牧村とその周辺)と菅平高原(長野県上田市)なのですが、まったく別の所属での活動なので接点はほぼありません。

そんな中で八ヶ岳で出会った小中学生が高校生になり、菅平高原で再会したという話を2回ほど記事にしました()()。

今回の菅平高原でのスキー教室、中学生が泊まっているホテルの駐車場に八ヶ岳で見慣れたバスを見つけ、もしやと思い近づいてみると、いらっしゃいました、八ヶ岳でよく会うドライバーさんたち。

八ヶ岳の宿泊施設では同じ場所で食事をしたり、こちら登山の引率、そしてドライバーさんたちは難しい登山口にバスを配車していただいたりと、いわば一緒に仕事をしてる方々です。

僕も今年はこのカラーのバスを良くみかけるなあと思っていたところ、今シーズンは菅平方面の仕事も多く、良く来ているとのこと。
あっちこっち仕事をしている立場からするとこれも面白い再会です。

雪の中ドライバーのみなさんもご苦労様です。
学校のみんなの一生に一度の体験のために、お互いがんばりましょう♪


関係するテーマの過去記事:
ベジさんと八ヶ岳で出会って菅平高原で再会した話・その2
ベジさんと八ヶ岳で出会って菅平高原で再会した話

安全で有意義な自然体験活動のために、活動団体の評価会と研修会

tetsuoartgallery1612180019I6491(hyoukakai2)290.jpg

活動予定しっかり満載ではないこの時期は研修会や各種会議などがあります。

学校引率やイベントやキャンプなどで参加している自然体験活動団体の評価会と研修会に出席しています。
それぞれの活動がどうであったかを振り返りそしてこれからに向けて意見を出し合います。

自然の中での活動がより安全にそして有意義に行えるよう、こうして野外活動そのものではないバックグラウンドでの活動が大きな支えとなっています。


関係するテーマの過去記事:
日々の安全としての救命救急講習
反省会までがキャンプの続き、そしてこれからのキャンプのスタートです
より良い自然体験活動のために、評価会と研修会
自然の感動をもっと理解し価値を深めていくことができたとしたら
登山のリスクマネジメント研修、安全と感動体験のために
一年の野外活動、安全管理総ざらい
安全で有意義な自然体験活動のために
最新の応急・救命救急はすぐに更新される

学校の野外活動は浅間山山麓の宿泊施設にて

tetsuoartgallery1612180013I6485(shisetsuasamayama)400.jpg

快晴の浅間山が写真の主体になっていますが、左手前に写っているのは今回宿泊の東京都の区立の野外活動の施設。
ここに来るみんなはこの浅間山の山麓で様々な自然体験活動をするのです。
いろいろ素晴らしい施設ですが、利用できる森まで含めた面積が東京ドーム7.4個分、僕だったら朝から深夜まで、いや明け方まで遊び放題(笑)。
そのほか常設のクラフトコーナーだとかちゃんと火を囲める暖炉などもあります。
素晴らしい♪
みんなも素晴らしい体験と素晴らしい思い出を手に入れることでしょう。

tetsuoartgallery1612180066I6539(himitsukichi)320.jpg

面白さを見ているとあれもこれもになってしまいますが、クラフトコーナーとともにいいなと思った森の中の秘密基地。
クリの材を使ったしっかりした作り。
常設で、宿泊者だけでなく一般の方もこの場所に来ることができます。
秘密基地そのものも、そして常設できる環境も素晴らしい♪
ここに来るみんなにも一生の思い出に残る素晴らしい体験がたくさんありますよう。

長野県軽井沢町にて。


関係するテーマの過去記事:
静かな浅間山、山麓から少し間近に見る
穏やかに自然を眺める気持ち
2016年今年も素敵な夏をありがとう、そしてツリーハウスも夏を終え解体
キャンプ中もみんなで上る、いろんな気持ちを感じるツリーハウス
みんなで遊ぶ2016年夏休みのツリーハウス
ツリーハウスのコンセプトと制作途中でも上って遊ぶみんなを見て思うこと
ツリーテラスにて、朝日に輝く森とみんなの姿
秘密基地で体験する初めての地平

スキー場も除雪機も稼働、ようやく冬が動き出す

tetsuoartgallery1612140010I6437(josetsuki22)360.jpg

キャンプなどで活動のNPOの事務所駐車場にて。
除雪機のメンテナンスをしています。
小型に見えて家庭用よりはぐっと大きい本格派。

雪がなかなか降らずそして暖かい今年の冬が、ようやく本格的にスタートしそうです。

ちなみに写真がないので記事はないけれど、僕はスキーのインストラクターをした帰りです。
九州から来た修学旅行生たちに、季節はようやく銀世界を届けてくれました。


関係するテーマの過去記事:
究極の雪遊び体験、裸で雪を投げ合うハイテンション男子
南国から来たみんな、雪だらけになって激しく遊ぶ
スキー女子の休憩時間、雪の上で思い思いの楽しみ
絵にすると美しいシーン、でも実際も感動的シーン
体育会男子、はじめてスキーだけど無敵の滑りと盛り上がり
吹雪きでもめげない、ツアースキー決行の活躍女子
暖かい所から来たみんな、寒さとパウダースノーに出会う
ハイテンションは伊達じゃあないスキー滑りまくり男子
雪をはじめて見るみんなはスキーも雪遊びも
快晴と景色、スキーが上手くなった価値
幸運の虹の輪と輝く素敵な体験

野外体験活動をした中学生の新聞にベジさんの記事

tetsuoartgallery1610010015I4450(shinbun2)320.jpg

今年5月に八ヶ岳で活動をした中学生が、活動後に学校で作った八ヶ岳のことを記事にした新聞の写真を手紙で送ってくれました。
ありがとう&素晴らしい♪

内容はこの学校を担当したベジさんともうひとりの活動仲間への一問一答インタビュー。
みんなが活躍して野外活動に同行してくれた人がどんな人だったのか、興味ある題材(?笑)からか、なかなか良くできてます。
取材中の写真もあり、向かって左端に取材を受けるベジさん(笑)。

活動後の学校の話などを先生や再会したみんなに聞くとけっこうこういった新聞や活動後の話題などがあるようですが、実際にこういうふうに目にすることがないので新鮮かつ楽しいです。

ちなみにこの取材を受けた時のことはこのブログの記事としてUPしています()。


関係するテーマの過去記事:
野外活動のキーワード雨奇晴好、座右の銘に昇格か

反省会までがキャンプの続き、そしてこれからのキャンプのスタートです

tetsuoartgallery1609260011I4302(camphansei)240.jpg

夏休みキャンプ直後の反省会とは別に、期間のキャンプの報告が出そろい、反省と今後に向けての話し合いです(※投稿時現在ではなく9月中です)。

楽しかった出来事と同時に、事故やヒヤリハットの事例や、保護者からのご意見などもすべて目を通します。

ここまでがキャンプの続きであり、そしてここからが秋冬そして来年夏のキャンプに向けてのスタートです。

スタッフ関係者、参加のみんなや親御さんみなさんすべての人たちに感謝です。

そしてまた、これからのキャンプに参加するたくさんのみんなに素晴らしい体験がありますよう。

関係するテーマの過去記事:
日々の安全としての救命救急講習
自然の感動をもっと理解し価値を深めていくことができたとしたら
安全で有意義な自然体験活動のために
一年の野外活動、安全管理総ざらい
最新の応急・救命救急はすぐに更新される
森とどうかかわっていくのか、そしてアートはイベントは
先生になる方々の研修でいろいろお伝えしたく


2016年今年も素敵な夏をありがとう、そしてツリーハウスも夏を終え解体

tetsuoartgallery1608310008I3944(treehouse)240.jpg

夏休みも終わりだんだんと秋になってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか。
今年もたくさんのお会いした皆さん素敵な夏をありがとうございました。
みなさんと会えた楽しい時間とお別れの時の名残惜しい時間と、でもそんなこんなどのシーンでもみなさんと楽しい時間を過ごさせていただきました。

八ヶ岳の遊具やツリーハウスも、以前は設置のまま年を越したこともありましたが、現在は夏休み営業が終わるとすぐに撤去になってしまいます。
ツリーハウスも毎年同じ形だといつもあると思う方もいますが、毎年新しく作り替えなんです。
今年もあっという間でしたが、みなさんにたくさん遊んでいただいてとても嬉しく思っています。

tetsuoartgallery1608310006I3942(treehouse)240.jpg

みんなにたくさん遊んでもらったり記念撮影場所になったりしたシカたち。
来年までお休みです()。

tetsuoartgallery1608310025I3961(treehousekaitai)320.jpg

そしてツリーハウスは解体。
あっという間のひと夏に、われながら手をかけるなあと思ったりもしますが(笑)、そこは楽しんでくれるみなさんがいればこそ。
惜しみつつも来てくれたみなさんや森の材に感謝をしてお別れです。

来年もまた、みなさんに素晴らしい夏が訪れますよう。


関係するテーマの過去記事:
2015年今年も素敵な夏をありがとう
2015年夏のツリーハウスを解体する
2014年今年も素敵な夏をありがとう
2014年夏休み制作のツリーハウスを解体する
去年夏休み制作のツリーテラスを解体する

2016年のツリーハウスと遊具類の記事
キャンプ中もみんなで上る、いろんな気持ちを感じるツリーハウス
ロボ、遊んでもらって絵に描いてもらって得意満面
みんなで遊ぶ2016年夏休みのツリーハウス
ツリーハウスのコンセプトと制作途中でも上って遊ぶみんなを見て思うこと
シカは夏休みの仲間、連れだして一緒に遊ぶみんな
今シーズンのキャンプ場の遊具第1号のブランコを作る
八ヶ岳のキャンプ場の夏休みの営業がはじまりました

八ヶ岳のキャンプ場の夏休みの営業がはじまりました

tetsuoartgallery1607160006I1391(craftcorner)320.jpg

学校行事でも使用する八ヶ岳の宿泊施設にあるキャンプ場の夏休み営業がはじまりました。

始まってすぐは地元の小学校の行事があったり毎年の幼稚園が来たりと、一般営業の雰囲気はあんまりないけれど、でもたくさんいるみんなならではの楽しい雰囲気で盛り上がりました。

営業はちゃんとあるのですが、このブログ的にはこのクラフトコーナーの写真で(笑)。
日々いそがしくなかなか無料サービスまで手がまわっていないのですが、みなさんが来場する頃にはいろいろご用意しておきたいなと思っています。


関係するテーマの過去記事:
夏休みのキャンプ場オープン、木のシカを運んでくれるお友達
今年も夏のキャンプ場が始まります
ウエルカムボードになっている「ようこそ八ヶ岳へ」
夏休みの八ヶ岳がはじまります
夜の木のシカの風景と夜の本物のシカの話
仲間が増えつつ、みんなと遊ぶのを待つ木のシカたち
白馬は馬にあらず、白鹿はみんなであそぶシカである
ウマとして活躍してたのでウマになる
シカにはやっぱり乗ってみたい
花を飾ってもらった仔ジカ
仔ジカがやってくる

日々の安全としての救命救急講習

tetsuoartgallery1607080007I1168(kyumeikyukyu)320.jpg

こうした安全講習、救命救急講習はいろいろ情報を得てみると野外活動の中での特殊な事故の事例ではなく日常に潜む危険に対しての備えであると言えるかもしれません。

安全対策もより安全であるために年ごとに更新されます。
また事故事例からも学ぶことが多く定期的に安全講習を受けることが大事になっています。

事故が起こらないよう、そしてすべての人が無事でありますよう。


関係するテーマの過去記事:
地図看板に貼られている多数の山岳事故情報
登山のリスクマネジメント研修、安全と感動体験のために
研修登山、安全と山の感動をみんなに
安全で有意義な自然体験活動のために
雪山でも無事であるためにリスクマネジメント講習
一年の野外活動、安全管理総ざらい
最新の応急・救命救急はすぐに更新される
無事であるために山岳レスキュー講習
畏怖と美しさ
残雪の中の登山

みんなのキャンプファイヤーのための密かな戦略と大きな火柱

tetsuoartgallery1606030078IMG1942(campfire)400.jpg

キャンプファイヤーの実施の大事なところとして、みんなの出し物のほかに「火を見せたい」という先生も多くいます。
僕らは火を作る役として、みんなにいろんな意味で最高の炎となるよう様々な工夫をします。

木という自然燃料のため薪(マキ)の種類も毎回同じではなく、そして風向きも変わり、また地面の直火ではなくファイヤー台という制約もあります。
そんな中でも様々に手をかけできる限りの炎をみんなにプレゼントします。

本番の大きな火柱のような炎にはみんなは大歓声。

僕はドヤ顔、といきたいところだけれど(笑)ファイヤーキーパーは忙しくそして熱い!

みんなを楽しませようという密かなる野望を胸に淡々と薪を燃やします。

薪よ炎よそしてみんなよ今夜もありがとう。


関係するテーマの過去記事:
キャンプファイヤーは大きな炎そのものが驚きの体験
服が焼けて穴だらけになるキャンプファイヤーの激しい火の粉
キャンプファイヤー、炎を見る高揚感、一生に一度の瞬間
必ず成功する理由
神聖な場所を創る人

森林療法を考え感じ体験し、そしていろいろな角度から見て実践する

tetsuoartgallery1510180016I5223(shinrinryouhou)240.jpg

森の中を行く人たちがみんなロールマットを持っているのは森の中に寝転ぶため。

森林療法の学習会なのですが、僕もそうですが森で活動する人たちの集まりは、提供し勉強し議論し体験し発信し、といろいろな要素があるので今日もいろんな角度からそれぞれに森林療法を学び体験します。

そしてアプローチの仕方も自然体験や、医学的見地や、呼吸、作業、運動、レクリエーション的なものや、そして何をやっても良いまたは何もしない、というものも。
それゆえ定義も実践もいろいろあるけれど、いえ、何もせずただ森にいても良いのです。

そして今日もいろいろは角度で森を見ながらも、「何もしない」をしに森に行くのも大事な目的。

森林浴が提唱された頃はまだ科学的なことは不明で気分の問題とされていた状況も、例えばいまはフィトンチッドというものをみんなが知り、健康や保育に生かされています。

これからもそうしたものがたくさんあるでしょう。
そして科学医学の目がなくても、たくさんのひとたちを癒すアプローチがあると思います。

そんな様々なアプローチをもって、たくさんのひとたちが健康や安らぎを得ることができるよう、自然とつながっていかなければいけません。

群馬県嬬恋村にて。


関係するテーマの過去記事:
TETSUOポスターが飾られているリラクゼーションサロンにて
自然の感動をもっと理解し価値を深めていくことができたとしたら
森とどうかかわっていくのか、そしてアートはイベントは
森の話、人間がいかにして生きていくか
種をまき森をつくる人
ターシャ・テューダー著書訳者・食野雅子さん講演会
かつてみんなでイベントしながら作った畑

今シーズンの八ヶ岳の最後の夜と最後の朝の風景

tetsuoartgallery1511060136I6574(hoshizora)270.jpg

キャンドルファイヤーを終えて、宿泊施設を外から見た風景。
今夜も星が見えます。
もうほとんどの木の葉が落ちて木立の間からも星が見える、これからの季節ならではの夜の風景です。

今シーズンも八ヶ岳での小中学生との野外活動も終了になります。
今年もたくさんの学校のみんなと野外活動をしました。
小学生中学生そして先生方、夏休みはキャンプ場に遊びに来る団体のみなさんや家族連れのみなさんなどなど、たくさんのみなさんととても有意義な活動の時間が作れたこと、ほんとうに嬉しく感謝しています。
ありがとうございました。

この日の記事は毎年、もしかすると来年はもう活動への参加はないかな~?あるかな~?ということで去年()と一昨年の前()は、最後の晩餐ならぬ最後の朝ごはんの写真でしたが、今年は趣向を変えて(?)最後の夜と最後の朝の風景で。

来年いるかどうかわからない理由は毎年毎年同じなので今日の記事では省略しますスミマセン。
疑問の方はリンク先の過去記事にて「へーそうなのか」と感じていただけるとありがたいです。

自分も以前の記事を見て、去年の今頃ともうひとつは一昨年と思っていましたがその前年で、もう3年前。
あの記事を書いてからもうそんなにたつのか、と変なところに感慨を持ったりします(笑)。

そんなふうにあっという間に時間がたち、毎年毎年、来年は活動への参加があるかわからないなあと言いながらもう何年やっていることでしょう。
来年はもういないかもしれないし10年後もいるかもしれません(笑)。

tetsuoartgallery1511070037I6619(yatsugatake)400.jpg

八ヶ岳全景。
こちらも晩秋の風景、裾野の茶色は散る前の落葉松(カラマツ)林。
秋晴れに、雲もまた良し。

最後の学校は中学校、そしてこれまでの日々出会った小学生中学生のことを想います。
僕らにとっての最後の時間も来年のことも、実は僕自身本当はそんな大人のつまらない事情よりも、そんなこととは比べ物にならないみんなの大事な一生に一度の思い出の一瞬一瞬に立ち会えたこと、そしてもう二度と会うことはできないであろう今この時のみんなに出会えたことに光栄な気持ちと感慨とがあります。

そしてそんな思い出と財産となる体験をしたみんなの輝く笑顔を見送ります。

春に会ったみんなも夏に会ったみんなも秋に会ったみんなも、そしてこれから出会うみんなも、またこの風景を一緒に見られるのを楽しみにしています。


関係するテーマの過去記事:
今年最後のごはんのこと、今日の活動のこと、日々出会うみんなのこと
小中学生と最後の朝ごはんとみんなへの思い
一期一会

(同じ場所からの八ヶ岳の風景)
みんながバスから降り立ち最初に見る八ヶ岳の景色
八ヶ岳宿泊活動のみんなが最初に見る感動的風景
秋の快晴の八ヶ岳、獅子岩から望む

TETSUOポスターが飾られているリラクゼーションサロンにて

tetsuoartgallery1510070012I4894(kaleidoscope)240.jpg

TETSUOポスターが飾られているリラクゼーションサロンの玄関。
数年前このサロンのWEBサイトやパンフレットの写真撮影の請負をしたご縁もありました。
現在移転準備のための休業中ということで、移転前にこのポスターのある玄関までお邪魔させていただきました。

その時々のグッズが置かれる玄関にはオーラソーマのボトル、パワーストーン、オルゴナイト、そして今日目立つ恐竜たちは箱庭療法にて、いずれもこのサロンの癒しとリラクゼーションのアイテム。
ここのTETSUOポスターとは1年半ぶりくらいの再会、天使とイルカはお客様のおもてなしをしてくれたかな?


関係するテーマの過去記事:
オーラソーマと箱庭など
クリスマスを迎える奏鳴館とTETSUOグッズ
TETSUOポスター「流れ星」

作品:(TETSUO ART GALLERY
流れ星

リンク
ハートのおんせんKaleidoscope

地図看板に貼られている多数の山岳事故情報

tetsuoartgallery1510060166I4706(helicopter)320.jpg

穂高連峰上空を飛ぶ長野県警のヘリコプター。
山歩き中に旋回しながら高度を下げてきたので何かあったのかと注意していましたがそうではなかったようです。

tetsuoartgallery1510050195I4430(annaiban)320.jpg

登山ルートにある看板、ここまでの記事の風景の場所も網羅されています。
もともとは普通の登山ルートの地図看板なのですが、付箋のように貼られている小さな紙は地図のその場所の事故・遭難情報なのです。
右下に詳細が貼ってありますが、今シーズンだけで、自分が歩いた道筋も含めこれだけの事故があることに驚かされます。
転倒、滑落、道迷い、発病、それらが死亡事故となる事例、中には8月の凍死なども。
実は先の記事の星の写真を撮った夜にも一度大きな落石の轟音が聞こえています。

山の美しい風景は自然の厳しさゆえであることも受け入れなければいけません。
楽しい時間とともにそしてそれを良いものにするために、気を抜かず手を抜かず無事の行程と下山をしなければいけないと有意義な山行きを振り返るほどにあらためて感じます。


関係するテーマの過去記事:
登山のリスクマネジメント研修、安全と感動体験のために
研修登山、安全と山の感動をみんなに
安全で有意義な自然体験活動のために
雪山でも無事であるためにリスクマネジメント講習
一年の野外活動、安全管理総ざらい
最新の応急・救命救急はすぐに更新される
無事であるために山岳レスキュー講習
畏怖と美しさ
残雪の中の登山

この記事と同じ登山行程の記事
上高地の森で秋ならではのおもしろいものを見つけて歩く
穂高連峰を背景にナナカマドが映える紅葉の風景
奥穂高岳と天の川、星空を眺めそして明日を期待して眠りにつく
モルゲンロート、岩山と太陽の造形と心象風景
涸沢から上高地までの山の風景を5景
北アルプス涸沢、山小屋とテントの風景
ベジさん山小屋でもベジタリアンメニューを食べる(北アルプス涸沢にて)
地図看板に貼られている多数の山岳事故情報

北アルプス涸沢、山小屋とテントの風景

tetsuoartgallery1510060212I4735(karasawa)360.jpg

左から右へ、左端画面にちょっと切れている画面上一番高いのが奥穂高岳3190m、盛り上がりつつザクザクして見えるのが涸沢岳(からさわだけ)3110m、低くくぼんだ部分から右へせり上がって北穂高岳3106m。

今回は上高地から写真に見える中腹までが計画コース、実は登頂登山ではないのです。
ここまで来て、この天気でもったいない、と言われそうですが(笑)、それはまたの機会に。

tetsuoartgallery1510050351I4577(tent)270.jpg

登山者のテント群。
夏の登山時期はもっと多いそうですが、今回も紅葉時期でテント場も山小屋もけっこうな人数が宿泊しています。

自分がこうした激込みの時期に来ることはきっとないだろうと思っていましたが、タイミングというのはありがたいものです(笑)。
混雑するだけのことはある紅葉に満足です。

ちなみに今回は山小屋泊でしたが、「布団1枚に2名のご案内」という、たいへん恵まれた宿泊でした(笑)。
これは嫌味や冗談ではなく繁忙期の山小屋では普通の人口密度のありがたい待遇なのです。

tetsuoartgallery1510050441I4616(hoshizoratent)270.jpg

何を想うか今宵の皆々。
大自然の山並みに星が輝く夜に大勢のひとたちが集えば、山と自分と向き合うというよりは美しい夜と山をみんなで語らうようなひとときです。

それでもテントの灯りがひとつまたひとつと消え、星を見るひとたちもだんだんとそれぞれの寝場所に戻っていきます。
明朝はモルゲンロート(朝焼け)を見る人、山頂に向けて発つ人、それぞれの早起きのために今夜の眠りにつきます。

そんな山の時間を想いつつ、みんなが眠り自分も眠る時間が訪れつつも、星空と山と美しい夜にわくわく感が止まらない自分が笑えます(笑)。


この記事と同じ登山行程の記事
上高地の森で秋ならではのおもしろいものを見つけて歩く
穂高連峰を背景にナナカマドが映える紅葉の風景
奥穂高岳と天の川、星空を眺めそして明日を期待して眠りにつく
モルゲンロート、岩山と太陽の造形と心象風景
涸沢から上高地までの山の風景を5景
北アルプス涸沢、山小屋とテントの風景
ベジさん山小屋でもベジタリアンメニューを食べる(北アルプス涸沢にて)
地図看板に貼られている多数の山岳事故情報

物づくり作業、まずは森の中から木を切って来る

tetsuoartgallery1509230018I4017(shirakababattou)320.jpg

シラカバの木を伐倒しています。
手入れがなくちょっと荒れている森、木も曲がって生えていたりしますが、今日のポイントはそこではないのです。
今日の僕としては、曲がっていてもとても良い木です。

写真は他の方ですが僕もいっしょに作業をしています。
ちなみに人手が入らない森のせいか、アナグマかタヌキかそんな動物たちの穴がそこらじゅうにあり、作業しながら落とし穴のように足が落ち放題です。

tetsuoartgallery1509230033I4032(shirakababattou)320.jpg

いい材がたくさん採れました。
そう、材なのです。
まず森から材料を切ってくるところからはじまります。
そしてこれから森の木を使ってお楽しみの物づくり作業開始です()。


関係するテーマの過去記事:
来たる冬のため春のため、森での作業風景
修理帰りのチェーンソーを組み立てなおす
丸太を使ってベンチを作る
チェーンソーカービング、謎のでかい魚
みんなを支える男たち
屈強な男たち

奏鳴館はハロウィン、いろいろなグッズとTETSUOポストカード

tetsuoartgallery1509150025I3713(someikanhalloween)320.jpg

楽しい季節は次々とやってきます。

TETSUOポストカードなどを扱っていただいている諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館、ハロウィンの装いとなりました。

このカボチャのグッズを見るだけで楽しいです。
そしてTETSUOポストカードもこの時期だけのハロウィーンの絵柄。

オルゴールコンテンツを楽しみつつ、TETSUOグッズもお手に取ってご覧ください。


関係するテーマの過去記事:
TETSUOポスターもハロウィンの飾りとともに
TETSUOポストカードと修学旅行生
お気に召すまま工作
ポストカードとあっという間のハロウィン
みんなのハロウィン
奏鳴館で時々思い出す、作品と記憶の中にしかなくなってしまったアイテム
ハロウィンはみんなのたのしみ

作品
ハロウィンの仲間
オルゴールの天使
TETSUO ART GALLERYトップ

リンク
諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館

これからみんなで登山、快晴の飯盛山を望遠鏡で望む

tetsuoartgallery1509110009I3601(meshimoriyamabouenkyou)320.jpg

小学生と野外活動の宿泊施設、望遠鏡でこれから登る飯盛山を望みます。

富士山を背景に、向かって左側に見えるのが飯盛山。

実際は望遠鏡がなくても見えます。
これから自分たちが登る山を眺め気持ちを高めていきたいところですが、朝はみんな準備やら片づけやら寝不足やらで忙しくて(笑)。

それでも外に出れば台風の雨を抜けて快晴に向かう空。

いよいよ出発です。


関係するテーマの過去記事:
みんなが登る飯盛山と富士山、夕刻の風景
みんなが登る飯盛山を望遠鏡で見る
山並みを遠望、達成感と美しい景色にひといきつく
子供たちとも富士山を遠望、本日2回目
朝焼けと朝霧、富士山を遠望

イベントの準備中、楽しい季節がどんどんやってきます

tetsuoartgallery1509060035I3481(craftmihon)320.jpg

学校の野外活動をしたりキャンプをしたりいろいろな活動をするこの場所ですが、今日はイベントの準備中、打合せの最中のひとコマ。

いろいろな話し合いといろいろな資料とそしていろいろなクラフト見本。
クリスマスの飾りっぽい作品もあります。

この間まで夏休みだったのに、おかしいなあ(笑)。
???

みんなの楽しみは先へ先へと進みます。
そしてまたみんなにとって楽しい季節がどんどんやってきます。


関係するテーマの過去記事:
みんなの創造性と自然からの贈り物、森のケーキはブッシュドノエル
楽しかった瞬間を作品にする、感じる心と作るセンス
みんなの活躍のあかし、森がくれるたからもの
今しかない想い、その思い出を形にする
思い出をかたちにする
願いをかなえてくれるもの
トナカイがクリスマスをつれてくる
自然と友達になるクラフト
いろんな木の実を使って作る森のクラフト
プロフィール

TETSUO

Author:TETSUO
.
TETSUO ART GALLERY
(テツオアートギャラリー)
http://tetsuoart.com


Profile:TETSUO
ビジュアルアーティスト、創作家。
詳しくはWEBサイト()。

自然体験活動・野外活動のインタープリター、指導員、引率等におけるフィールドネームは「ベジさん」(べじさん)。
工作の先生、クラフトのワークショップ講師の通称は「てっちゃん先生」。
各記事掲載しています。

このページはTETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)の別館として作られた作者TETSUOのブログです。
本館WEBサイト「TETSUO ART GALLERY(テツオアートギャラリー)」()にはない日々の出来事や創作以外の活動についても掲載していく予定です。


bannerテツオアートufo120

ベジさんをさがしていますか?banner-vejisan-stamp120





■ブログ内には作品ギャラリー的な記事は設けてありません。作品はTETSUO ART GALLERYサイト内にてご覧いただけます。

■サイト内の全ての画像・写真・詩・文章などは著作権があります。

■ツイッター、フェイスブック、その他SNSに管理者名での登録はありません。

■お問い合わせはTETSUO ART GALLERY内のメールのページまたはこのページ内右上のメールフォームから。

.

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メッセージお待ちしています
メールありがとうございます。お気軽にご感想、メッセージをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事が検索できます
カテゴリ
最新記事
リンク